Marching Coordinator ‘twikk’ が 2005-2006 season に Drill Design を担当したショウから、Silver Arrow MARCHING BANDが大会等に出演した際に披露したショウのコンテを紹介します。

当時所属していたものの、Drill Design を担当することになって2年目。前年に3周年を迎えたこともあって、若いメンバーが増えたことやベテランのメンバーが区切りを付けたりとする中、セット物の楽譜を使用しての構成となりました。まぁ、Band の歴史の中では類を見ないものでもあったのですったもんだとあったのですが、何しろちゃんとしたプロセスを経て決定したことなので、僕はそれに従って描かせていただきました。

そうそう、この頃、さすがに Drill Designer が Playing Manager を兼ねるというのは無理があるだろうと、ショウへのフル参加を敬遠したのですが、まさかの批判を受けることになるとは思いもしませんでした。コンテ描いて、かつ練習を指揮して、メンバーの休憩時間に自分だけ練習するという、そんな過酷なことは誰もやらないのに。結果として翌年はしっかりと自分をメンバーにガッツリと含める形になるのですが、このショウではいわゆる“おいしいとこ取り”ではないものの、ソロと木管の楽譜を追いかけてみました。そして、何気に「観客がソロに聴き入ってて空気が違った」とのお褒めの言葉を・・・・・・♪