Marching Coordinator ‘twikk’ が 2001-2002 season 以前に Drill Design を担当したショウから、立命館大学応援団吹奏楽部が『関西四私大応援団連盟 第19回 連盟祭』において、 立命館大学ステージ の OPENING に披露したショウのコンテを紹介します。

当時所属していて、Drum Major の任を受けていました。そのために担当することになったのですが、会場がとても印象的だったこともあって、未だに記憶に残っています。前後左右10mづつの正方形のスペースだったのですが、『京都駅ビル 室町小路広場』ということで、大階段の前。縦にズラッと観客が並ぶ形になり、結構な角度での視点に晒されます。その中で、年間活動方針の“三位一体”を体現すべく吹奏楽部が幕を開け、チアリーダー部と絡み、リーダー部を登場させるというスタイルの構成となりました。

展開はシンプルなので時間的にも長くはないのですが、なかなかの圧迫感の中にありながら、メンバー全員が柔軟に対応をしてくれたおかげで、この時点では他に類を見ないパフォーマンスとなった気がします♪

ちなみに、こちらは原本は手描きだったのですが、『Pyware 3D』の操作練習がてら打ち込んだものを載せています。