Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

matinee

マチネの終わりに

先日11月5日(火)は、『映画三昧デー』でした。1週間ぶりのこの日は、再度控えめにして2本観てこようと、ゆとりをもって『TOHOシネマズ浜松』へ出発。

2本目は、『マチネの終わりに』。

これは、平野啓一郎原作の同名小説を原作とした恋愛映画です。主演はクラシック・ギタリスト蒔野聡史役の福山雅治とジャーナリスト小峰洋子役の石田ゆり子。う~ん、じんわりと浸みる、そんな恋愛物語でした。

ストーリーとしては、蒔野と小峰が出会うシーンから始まるのですが、その瞬間からお互いに強く惹かれるんです。ところが、拠点とするパリに戻った小峰はテロに遭遇し、心に深く傷を負ってしまう。メールやテレビ電話で彼女の心を解きほぐした蒔野は、彼女に婚約者があることを知りつつも、思いを押さえられずに愛を告白。2人ははっきりとお互いを求めるようになるのですが、思わぬ障害が重なり、2人の思いは大きくすれ違います。2人のその後は果たしてどうなってしまうのか、という展開。

現実は、難しい。そう、難しいんです。いろいろなことが起きるし、いろいろな人の思惑が絡む。その中で、1本の糸を手繰り寄せることは、本当に難しい。映画を見て、自然と吸い込まれて、自然と驚かされ、自然とあんぐりとし、自然と愛おしくなる。本当に、じんわりと浸みる大人のラブ・ストーリーでした。

観てほしい♪

 

 

****************************************

マチネの終わりに 公式サイト

https://matinee-movie.jp/