Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

eos_m100

志道 = 2020.01.21

と、いうことで、1月21日(火)に、浜松市中区は木戸町にある『和風バル 志道』へと行ってきました♪

ここは、今住んでいる場所からは徒歩で3分程度の距離にある、とっても居心地のいいお店。気取らずに”くずし和食”を愉しむバルです。

この日は1週間ぶりのOFFでした。日中もいろいろと動いていたので、前日の夜勤の最中の仮眠時間を明けてから、そのまま眠らずに訪れた感じ。前回の帰りに傘を借りていたので、それももちろん持参して、19時過ぎに入店しました。前回たまたま一緒になった方々が宴会をされていたりして賑やかな空間になっていましたが、僕は自身のペースで、のんびりと過ごしてきました。

さて、今回注文したのは、順番に『さよりの刺身』・『浜名湖産かきの葱生姜蒸し』・『湯葉刺し』の3品。そう、3品なんですよ、僕が注文したのは。何度か一緒になったことのある方々から、料理も飲み物もごちそうしていただいてしまって、これまでに出会ったことのないレベルの『ぶりの刺身』とおいしい出汁で仕立てられた『雑炊』にも、舌鼓を打ちました。

いやはや、このぶり、すごい!!「わぁぉ!」って、言いたくなっちゃう。さよりもおいしかったし、揚げて煎餅にしてもらった骨もおいしかったし、かきのぷりっぷり食感とクリーミーな味わいも良かったけれども、うん、このぶりは群を抜いておいしかったです。いや、・・・・・・思えば、『ぶりの刺身』自体が初??たいてい照り焼きで食べてる・・・・・・のか。

とにかく、夕方にも普段会わない面々と顔を合わせたし、この日は何だか、いつもとは違う感じでウキウキでした♪

****************************************

和風バル 志道 -shidou- 公式サイト

https://wafu-bar-shidou.com

樓蘭 = 2020.01.21

先日1月21日(火)のことですが、ちょっと送迎を引き受けたこともあって、ついでに『中国料理 樓蘭』へと行ってきました。

ここは、浜松市は浜北区小松にある中国料理店。静岡県警察西部運転免許センターの北側に位置しています。先日手にした『究極のラーメン 2020 静岡版』にも掲載されていて、その『担々麺』を狙っていきました。そして、注文したのは、ランチ・メニューから『めん定食』。

これはメイン料理1品にハーフ・サイズの『担々麺』もしくは『醤油ラーメン』が付き、ライスと漬物がセットになってます。麺はレギュラー・サイズに変更も可能で、今回は3種のメイン料理から『揚げ豆腐の豆板醤煮込み』を、そして麺は『担々麺』をレギュラー・サイズで、チョイス。見た目で既にピリリと刺激を感じてしまいますが、バランスを考えて選んでみました。うん、メインが、ヘルシーな感じですよね?

さて、お目当ての『担々麺』はゴマ感の強い1杯でした。辛みはさほど強くは感じず、口に含んだ際に適度なパンチ。麺がたまご麺なので舌触りがツルッとして、そこで少しまろやかに感じさせられているかもしれませんね。不思議と味わいが後を引かないので、『担々麺』なのに、『担々麺』にしては、すごくあっさりと食べやすい印象でした。そして、メインもピリリと刺激がありながら、揚げ豆腐以外にも具材が豊富で味わいも折り重ねられています。

う~ん、住んでいる場所からはなかなかに遠いので、最初で最後になってしまうかもしれませんが、このランチはおいしいです♪

****************************************

中国料理 樓蘭 公式サイト

https://www.lorlan.com/

御前崎グルメ⑮-b = つゆひかりフラッペ

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第15回は、御前崎市門屋にある『まるよ茶屋』を訪れて、2種のメニューを堪能しました。続いては、『つゆひかりフラッペ』。

御前崎市のブランド茶なんですよね、『つゆひかり』。日本で最も日照時間の長い街である御前崎市が、栽培環境としては最適なんだそうで、苦みや渋みが少なく、まろやかな味わいが特徴です。その『つゆひかり』をフラッペにしちゃったのだから、そんじょそこらの『抹茶フラペチーノ』なんかとは、一味違うんです。

飲み口は、お茶の味がぶわっと押し寄せてくるので、ややもふっとしますが、飲み進めると『つゆひかり』ならではの甘みや爽快感を感じることができます。そして、不思議なことに、ホイップクリームとの相性もスマート。おかげで尖らず、まろやかさが際立つ感じです。

ふむふむ、おいしい、これ♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

まるよ茶屋 公式サイト

http://maruyo-chaya.com/

御前崎グルメ⑮-a = おむすびセット

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第15回は、御前崎市門屋にある『まるよ茶屋』を訪れて、2種のメニューを堪能しました。まずは、『おむすびセット』。

おむすび2個・味噌汁・漬物・玉子焼き・日替わり小鉢2品がセットになっているメニューで、これがそれぞれに優れものなんです。まず、国産米でもおむすびに適しているとされる『ミルキークイーン』を使ったおむすびは、10種の具材を選べ、かつ白米か茶飯のどちらかを選ぶことができます。今回は、白米で『夢咲牛しぐれ』、茶飯で『しゃけ』をチョイス。人気No.1とNo.2だそうです。味噌汁は富士山の湧水仕込みの豚汁、小鉢は地元野菜を使用した酢の物ときんぴら。派手ではないものの、うん、実に豪華です。

もう惹き込まれるように黙々と食べたのですが、ただただおいしい。『ミルキークイーン』を食べたことはこれまでになかったのですが、この米はおいしいです。おむすびとか、炊き込みにするとその魅力を存分に味わえる気がしますが、モチっとしながらふわふわっとほぐれて解けていく。この感じ、すんごいです。

あ、そうそう、煎茶が1杯付いてくるのですが、この店の『茜 -Akane-』というお茶で、すっきりとした香りで食後を収めてくれます。うん、最初から最後まで、整えられたメニューといった印象。うんうんうんうん♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

まるよ茶屋 公式サイト

http://maruyo-chaya.com/

御前崎グルメ⑭ = 夢咲牛ローストビーフとハンバーグ

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第14回は、『夢咲牛ローストビーフとハンバーグ』。

訪れたのは、御前崎市池新田にある『欧風居酒屋 GOZEN』です。別に『欧風料理屋 GOZEN』との標示もあるので、どちらが正式なのかは判りかねますが、『イオンタウン浜岡』の北側に位置しています。他の店舗と同棟となっているのですが、店内に入ると意外に広いんですね。そして、木目調の内装が暖かい。床に置かれたクッションに座って落ち着く、不思議な空間。

今回は、ランチ・メニューから、『自家製ハンバーグ』単体のメニューを尻目に、選びました。メインの『夢咲牛ローストビーフ』に『自家製ハンバーグ』と『自家製キッシュ』、ライスとスープがセットになっています。ローストビーフは少し厚めにスライスされていて満足度が高く、ハンバーグも肉汁ジュワッと溢れ出すし、キッシュは野菜たっぷりでふんわり食感。『玉ねぎのクリームスープ』もやさしい味わいで、終始頬が緩みっ放しのランチになりました。

うんうんうんうん、あ~ぁ、おいしいわぁ♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

パステル = 2020.01.16

先日1月16日(木)のこと。ランチのために『レストラン パステル』へと行ってきました♪

『くれたけイン御前崎』とは国道150線を挟んで反対側に『イオンタウン浜岡』があるのですが、その中にこの店はあります。営業時間は11時00分~20時30分で、この日は前回までと変えて、17時00分を少し回った時間での入店でした。

今回は、『和牛ハンバーグ』をチョイス。ソースはオニオン・ソースにして、半生に焼き上げられたハンバーグを堪能してきました。付け合わせは、コーン・人参・フライドポテト・ゆで卵。

シンプルですよ、シンプル。だからこそ素材の味わいがダイレクトに感じられる。うん、この和牛、なかなかいい。オニオン・ソースもいい塩梅で、パクパクパクパク食べ進めました。そして、今回は昼食と夕食を兼ねていたので、ちょっと豪勢に・・・・・・。『フルーツパフェ』も注文してみました(笑)

緑色のソースはメロン味。そうです、メロンの特産地でもある静岡県中西部ならでは、です。上に乗っているフルーツもそれぞれ新鮮でみずみずしく、食感すら豊かでおいしい。う~ん、久々に食べるパフェ、おいしいですねぇ♪

浜松八幡宮 = 2020.01.15

先日1月15日(水)はOFF明けで出勤日だったのですが、御前崎へ出勤する時間からは大幅にズレたタイミングで社員集会が行われたので、時間を持て余す結果に。そこで、せっかくなのでと、『くれたけイン・セントラル浜松』からも車で5分程の距離にある『浜松八幡宮』へと行ってきました♪

浜松市は中区八幡町にあるこの神社、あの徳川家康を皮切りに、徳川家の崇敬がとても厚かった八幡宮です。主祭神は、玉依比売命・品陀和気命・息長足姫命の八幡3神。伊弉諾尊と伊弉冉尊を相殿していて、勝運・立身出世をはじめ、安産・子育て・交通安全・むすび・長寿・健康・開運厄除に神徳があるそうです。

まぁ、浜松の街中からさほど離れていないにも関わらず、すっと静寂が空間を包んでいて、少し身が引き締まる。武士の崇敬を集めた八幡宮だから、ですかねぇ?

そうそう、何気に『株式会社 呉竹荘』のグループ施設でもある『楠倶楽部 THE KUSUNOKI CLUB』が隣接しています。こちらでは結婚式や各種パーティーを執り行っているのですが、神前式を行うのが、実はこの『浜松八幡宮』なんです。地元に愛され、永らく浜松城の鬼門を鎮護してきた由緒のある八幡宮での挙式は、とっても人気。近年広く人気が高まっている和婚を検討されている方は、ご一報いただけると、詳細ご案内させていただきます。

ともあれ、『三方原の合戦』で武田軍から逃れてきた徳川家康が身を潜め、その拝願に応えて姿を変えて家康を浜松城へと導いたとされる神木『雲立楠』も存在感があり、ゆったりとした安堵感すら抱いてしまう。そんな『浜松八幡宮』でした♪

****************************************

浜松八幡宮 公式サイト

http://www.hamamatsuhachimangu.org/

楠倶楽部 THE KUSUNOKI CLUB 公式サイト

https://www.kusunoki-club.jp/

志道 = 2020.01.14

先日1月14日(火)に、浜松市中区は木戸町にある『和風バル 志道』へと行ってきました♪

ここは、今住んでいる場所からは徒歩で3分程度の距離にある、とっても居心地のいいお店。気取らずに”くずし和食”を愉しむバルです。

この日はOFFで、出向先の御前崎ではなく浜松に滞在。まぁ、一旦御前崎から富士を経由して浜松へと戻ったので、なかなかタイトなスケジュールの中でしたが、19時30分頃から、久々の酒宴をゆったりのんびりと愉しんできました。うん、意外に眠気にも負けず、ほっこりとしつつ、です。

さて、今回注文したのは、順番に『甘エビの刺身』・『ぶりの照り焼き』・『自家製カラスミ』の3品。〆は今回『天丼』にしました。振り返ってみたら、ほぼオール海鮮というライン・ナップ。しっかりと味わってきました。

特に『ぶりの照り焼き』が絶品で、ほろりと身がほどけるレベルの焼き加減に甘めのタレ。黙々と箸を進めてしまいます。『自家製カラスミ』も塩気が効いていて日本酒に合う。いやいや、今回は全て日本酒と相乗効果を発揮するメニューで嬉しい限りでした。

次のOFFがちょうど1週間後だという話になったら「また来週ね」と展開してしまったのですが、はてさて、どうなることでしょう♪

****************************************

和風バル 志道 -shidou- 公式サイト

https://wafu-bar-shidou.com

スタバ = 2020.01.14

先日1月14日(火)のこと。

御前崎から富士市へ、そしてそこから浜松へという道中、『Starbucks Coffee』富士川サービスエリア(下り線)店に寄ってきました♪

時間的に、ちょうど空が紅くなってくる頃じゃないかと思って、もしも富士山も紅く染まったら、と期待を込めて少し時間を潰すのが、目的でした。そんなこんなで、チラチラと富士山の方を見たり、カウンタ上に置かれた富士山の写真なんかを眺めていたら、店員さんが「今日も富士山がきれいに見えますので、ゆっくりしていってくださいね」って。本当に、スタバの店員さんの気付き力って、素晴らしいですよね。

さて、今回の注文は『カフェミスト』。スチームされたミルクとフォームミルクが乗った1杯で、なかなかホッとできるビバレッジでした。ふと思えば、実に1年近く間の空いたスタバ・タイム。ゆったりのんびりと、ふいに出向先のスタッフに出くわすというハプニングも起きながら、過ごしてきました。

残念ながら富士山は赤く染まりませんでしたが、ここからの富士山も、結構絵になりますよね♪

****************************************

Starbucks Coffee 公式サイト

http://www.starbucks.co.jp/

富知六所浅間神社 = 2020.01.14

先日1月14日(火)は所要のために一旦、富士市へと行ってきました。そして、併せて『富知六所浅間神社』へと参拝へ。

静岡県富士市は浅間本町にある浅間神社で、富士山信仰・浅間信仰に基づく神社であり、旧駿河国富士郡下方庄に勧請された『富士下方五社』の首座に当たります。通称『三日市浅間神社』と呼ばれ、地域の信仰を集めています。主祭神は大山祇神で、木花之佐久夜毘売命・深淵之水夜礼花神・阿波乃咩神・大山咋神・高龗神を相殿。家庭円満・安産・子安・水徳・厄除・火難消除・商売繁昌・事業安全に神徳があると言われています。

まぁ、拝殿が前のものだった頃から近しい神社でもあったので、初詣となると真っ先に詣先に挙がるものの、実際には数回しか行った記憶がない・・・・・・。それが、浜松へ異動になってからは更に遠くなってしまっていたのですが、昨年の元旦に久々に参拝して、今年はこのタイミング。

ちょうど翌日から通常通りとなったようですが、この日までは正月限定の御朱印をいただくことができました。そして、『どんど焼き』の様子を目にすることもでき、この穏やかな空気に満ちた空間でゆったりと過ごしてきました。

そうそう、昨年の元旦に引いたおみくじは”大吉”だったのですが、1年を経て、今回の参拝でもおみくじを引いたのですが、ありがたいことに今回も”大吉”。2年連続での、”大吉”です。

う~ん、厄も抜けたし、これはもう、運気が上がる一方ですよね♪