Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

洋食

つばくろキッチン = 2020.02.03

さて、2月2日(日)に富士市で1泊して、3日(月)は昼前から活動開始。今月は後半にもう一度、どうしても富士市に行かなくてはならない用事があるのですが、今回は浜松へ向かう前にランチの約束をしていました。

向かったのは、富士市は蓼原にある『富士市の洋食屋 つばくろキッチン』。初でしたが、少し道を入ったところにあることもあって、辿り着くまでには若干ドキドキしました。

無事に辿り着いて注文したのは、『チーズデミグラスハンバーグ定食』です。

そう、ここのメニューは、基本的に定食スタイル。豊富とまでは言えないメニュー数ですが、しっかりと手作りで紡がれています。それぞれに惹かれてしまうので、選ぶのに苦労しますが、いざ口に含んでみると、ハンバーグは柔らかくてジューシー。肉汁が溢れてデミグラスソースに絡み、しっかりとした味わいが広がります。チーズのおかげでまろやかで深みのある味に仕立てられていて、う~ん、絶品!

ライス・味噌汁・サラダがセットになっているのですが、小鉢に盛られたおからのサラダがすごくヘルシーに感じる味。メインとのバランスから考えても、ついつい嬉しくなる1品です。

総じて、お得でおいしいランチ。おススメです♪

****************************************

つばくろキッチン 公式サイト

https://tsubakurokitchen.business.site/

北の庭ランチ = 2020.01.26

つい先日のことですが、ひょこっと浜松っへ戻ったついでに、ランチをごちそうになってきました♪

「どこがいい?」とか「何食べる?」とか言いながら、最終的に行き着いたのが、『北の庭 THE KURETAKESO』のランチ・バイキング。そうそう、職場とは系列店、です。

まぁね、いつかは行っておく必要がある気がしていて、それがこの日になったというだけのことなので、まさかの選択でもなく、必然でもない選択です。

ランチ・バイキングは、基本的にタイ料理とイタリア料理それぞれの日替わりメイン料理が1品づつ提供され、その他のメニューがバイキングになっているというスタイル。メイン料理も追加料金が必要ではあるものの選択できるものもあり、いろいろと愉しむことができます。タイ料理もイタリア料理も、本場の味を少し日本人向けにアレンジしているのですが、例えば辛味であったり塩味だったりは、なかなかはっきりとしていて刺激的。

料理の傍らにはPOPもあって、タイ料理はやっぱり聞き慣れない見慣れないメニューもありますが、どういった料理なのかが分かるようになっています。ここ、安心ポイントですよね?

メインのターゲットは、女性だと思うんですよね。周辺に働きに来られている方々、そしてショッピング等で近くに来られた方々。もちろん男性の来店も期待しているのですが、ちょっとしたお得感とリッチ感、そして満足感とを感じていただけたら・・・・・・という感じに見えます。

JR浜松駅周辺にお越しの際には、駅の北口を出て正面、『北の庭 THE KURETAKESO』のランチ・バイキングを是非お試しください♪

****************************************

北の庭 THE KURETAKESO 公式サイト

http://www.kuretake-inn.com/kitanoniwa/

御前崎グルメ⑭ = 夢咲牛ローストビーフとハンバーグ

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第14回は、『夢咲牛ローストビーフとハンバーグ』。

訪れたのは、御前崎市池新田にある『欧風居酒屋 GOZEN』です。別に『欧風料理屋 GOZEN』との標示もあるので、どちらが正式なのかは判りかねますが、『イオンタウン浜岡』の北側に位置しています。他の店舗と同棟となっているのですが、店内に入ると意外に広いんですね。そして、木目調の内装が暖かい。床に置かれたクッションに座って落ち着く、不思議な空間。

今回は、ランチ・メニューから、『自家製ハンバーグ』単体のメニューを尻目に、選びました。メインの『夢咲牛ローストビーフ』に『自家製ハンバーグ』と『自家製キッシュ』、ライスとスープがセットになっています。ローストビーフは少し厚めにスライスされていて満足度が高く、ハンバーグも肉汁ジュワッと溢れ出すし、キッシュは野菜たっぷりでふんわり食感。『玉ねぎのクリームスープ』もやさしい味わいで、終始頬が緩みっ放しのランチになりました。

うんうんうんうん、あ~ぁ、おいしいわぁ♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

パステル = 2020.01.16

先日1月16日(木)のこと。ランチのために『レストラン パステル』へと行ってきました♪

『くれたけイン御前崎』とは国道150線を挟んで反対側に『イオンタウン浜岡』があるのですが、その中にこの店はあります。営業時間は11時00分~20時30分で、この日は前回までと変えて、17時00分を少し回った時間での入店でした。

今回は、『和牛ハンバーグ』をチョイス。ソースはオニオン・ソースにして、半生に焼き上げられたハンバーグを堪能してきました。付け合わせは、コーン・人参・フライドポテト・ゆで卵。

シンプルですよ、シンプル。だからこそ素材の味わいがダイレクトに感じられる。うん、この和牛、なかなかいい。オニオン・ソースもいい塩梅で、パクパクパクパク食べ進めました。そして、今回は昼食と夕食を兼ねていたので、ちょっと豪勢に・・・・・・。『フルーツパフェ』も注文してみました(笑)

緑色のソースはメロン味。そうです、メロンの特産地でもある静岡県中西部ならでは、です。上に乗っているフルーツもそれぞれ新鮮でみずみずしく、食感すら豊かでおいしい。う~ん、久々に食べるパフェ、おいしいですねぇ♪

呉竹荘謹製おせち 2020

昨日は2020年元旦だったわけですが、諸事情重なって、2年連続で実家で年越しをすることになりました。ということで、浜松市から富士市へと持ち帰った『株式会社 呉竹荘』の謹製おせちを無事に食すことができたのですが、うん、今年のはなかなかいい。

我が家では、今年は味の評価も良かった上に、さらにはボリュームに対しての評価が高かったですね。まぁ、どこのものでもいろいろと意見は出るのでしょうが、前年と比べると賛否両論から賛成意見だけに変わったので、我が家の評価はプラスだったということです。

ここで細かいメニューを紹介することは控えるとして、実際にメニューは豊富。和洋ともにメインもはっきりとしているし、味わいも豊かでした。二段重で、お値段は25,000円。これを安いとみるか高いとみるか、人により様々かと思いますが、食べた人にしかわかりませんよね。いったいどっちなんだろう???

実際に召し上がられた方、是非是非、感想をお聞かせください♪

****************************************

株式会社 呉竹荘 公式サイト

http://villa-kuretake.co.jp/corp/

Colombo = 2019.12.24

先日12月24日(火)こと。『株式会社 呉竹荘』の本社のある『KURETAKESO』での会議の後、『oriental cafe & bar Colombo』へと昼食を摂るために行ってきました!

こちらは『KURETAKESO』の宿泊棟でもある『FLORIS HOTEL VILLA KURETAKE』の1階にあるカフェ・バーなのですが、いつの間にかタイ料理の店になっていました。前回行ったときにはスリランカ料理の店だったはずなのですが・・・・・・。って、前回が2年以上前だったので、それは良しとして、ランチ・タイムには、3種のセット・メニューが展開されています。

その中から、今回は『タイカレー&ガパオ プレート』をチョイス。『日替わりタイカレー』と『ムー・ガッパオ』をメインに、『フレーバーライス』と『エスニック・サラダ』がセットになったメニューで、本場タイを感じるには十二分なボリュームになっています。カレーはこの日、『ココナッツ・カレー』だったと思うのですが、意外にスパイシーな刺激もあって、おいしかったです。

器、木製ではないのですが、光の具合でいい感じに見えてます。こんなエキゾチックな感じも、もちろん料理を含めてですが、たまにはいいですよね♪

御前崎グルメ⑦-c = つゆひかり

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第7回は、『御前崎灯台』のふもとにある『Pacific Cafe 御前崎』を訪れて、3つのメニューを一気に堪能。ラストは『つゆひかり』です。

聞き慣れないかもしれません。僕も御前崎に来て知ったくらいなのですが、これはいわゆる”御前崎茶”と言ってしまっていいのだろうと思いますが、御前崎で生まれた日本茶の品種です。静岡県の中西部は”深蒸し茶”で知られ、色合いや味の深みが特徴的なお茶が広く栽培されていますが、この『つゆひかり』は、驚きます。

まぁ、色合いが濃ゆい。鮮やか過ぎる緑。まずはここに驚くし、一口含んでみれば、そのまろやかさに驚く。苦味や渋みは控え目、香りは爽やかで飲み口が良い。そして、鼻腔に香りが抜ける。

ホッとする、満足する、十分過ぎる。これ、い~ぃわぁ♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

Pacific Cafe 御前崎 公式サイト

http://www.pacific-cafe-omaezaki.com/home.html

御前崎グルメ⑦-b = アローマメロンのシャーベット

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第7回は、『御前崎灯台』のふもとにある『Pacific Cafe 御前崎』を訪れて、3つのメニューを一気に堪能。続いては『自家製アローマメロンのシャーベット』です。

シャーベットなので、すっきり爽やかなのはもちろんなのですが、これ、どことなく気品を感じるおいしさ。香りがすごくいいんです、本当に。果肉も入ったシャーベットなので、シャリッとした氷の食感と果実の食感との対比も、楽しい部分。ただ、ただただ、おいしい。

その名を聞いたことがあるような無いような、『アローマメロン』。静岡県西部の特産品である『マスクメロン』です。袋井市や森町で栽培されたものを特に『クラウンメロン』と呼び、他の地域で栽培されたものを『アローマメロン』と呼ぶそうで、地域毎にブランド化しているんだそうです。ということで、メロンの最高峰『マスクメロン』のひとつであり、その特徴はやはり香りなのだとか。

うん、このシャーベット、凄まじくおいしいです♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

Pacific Cafe 御前崎 公式サイト

http://www.pacific-cafe-omaezaki.com/home.html

御前崎グルメ⑦-a = マグロとアボカドのアヒポキ

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第7回は、『御前崎灯台』のふもとにある『Pacific Cafe 御前崎』を訪れて、3つのメニューを一気に堪能。まずは『まぐろとアボカドのアヒポキ』です。

そう、このメニューはハワイアン。”ahi-poke”と表記するのですが、”ahi”がまぐろを意味していて、”poke”は魚を切るという意味。つまり、まぐろを食べやすいサイズに切った料理のことを言うのですが、こちらはダイス・カットされたまぐろとアボカドをふんだんに盛り付け、スライスした玉ネギとカイワレ大根、海苔と温泉卵がトッピングされています。味もさっぱりと仕立てられていて、気付けば一気に平らげた後・・・・・・という状態でした。

うん、夢中で一気に食べてしまいました。

地の食材にこだわっているということで、まぐろは御前崎港で水揚げされたものを使用していて、鮮度がいいので食感が良いんですよね。”森のバター”と呼ばれるアボカドのトロッとした食感とのコントラストもおもしろいし、それでいて心地良いブレンド感も感じます。

うんうん、軽やかで、おいしい♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

Pacific Cafe 御前崎 公式サイト

http://www.pacific-cafe-omaezaki.com/home.html

パステル = 2019.12.12

これも順番が入れ替わってしまったのですが、先日12月12日(木)のこと。ランチのために『レストラン パステル』へと行ってきました♪

『くれたけイン御前崎』とは国道150線を挟んで反対側に『イオンタウン浜岡』があるのですが、その中にこの店はあります。営業時間は11時00分~20時30分で、この日も前回同様に11時00分を少し回った時間での入店でした。

2度目の今回は、『日替わりランチ』をチョイス。おかずをシングル・ダブル・トリプルと段階で選べるのですが、今回はダブルにしてみました。ハンバーグとオムライス、です。

そう、シングル・ダブル・トリプルというのは、おかずの品数なんですね。今回はダブルなので、ハンバーグとオムライス、2つのおかずが載ったプレートになったというわけです。うん、うん、うん、素朴。そして、おいしい。これ、きっと安定感が高いんだろうなっていう、そんな味わいです。そうそうブレないだろう、ド真ん中を突いてくる味。おいしい。

ちなみに、スープとライスかパンが付いてくるのですが、このスープがよかったんです。コンソメなのですが、刻んだセロリが入っていて、実にさわやか。くたびれた体にはいい感じです。いやぁ、また行くしかないですね♪