Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

ラーメン

中華そば 三太 = 2020.02.23

先日2月23日(日)のこと。所用を頼まれ、出向先の御前崎から浜松へ戻ったついでに、誘われるがままに遅い昼食へ。サクッと食べられるものをということで、あまり悩まずに『中華そば 三太』へと入りました。

何度か紹介していますが、『ラーメン 三太』・『細麺 三太』とともに3店舗体制で運営をしているラーメン屋さんで、それぞれ大盛況。そして、『中華そば 三太』は、現状では『白そば』が看板メニューです。

そう、鶏ガラ塩白湯と魚介のWスープ仕立ての1杯なのですが、今回はそこに白髪ねぎをトッピングした『白そば + ネギ』を注文。

う~ん、おいしい。スープは、ややとろっとしていて、ネギの辛みに負けないタフさを感じます。チャーシューは香ばしいし、メンマが柔らかい。そう、メンマがすごくやわらかい。いや、空いた腹には染みますねぇ。麺もおいしいし、ほっこりとします。

あ、僕は細麺が好きなので『細麺 三太』を推しますが、看板メニュー対決をしたら3店舗の中では『中華そば 三太』の『白そば』がおそらく、僕の中の1番に躍り出るだろうと思います。

ごちそうさまでした♪

五味八珍 = 2020.02.21

先日2月21日(金)のこと。

『浜岡砂丘さくら祭り』を翌日に控え、一足お先にと現地へ足を運んだついでに、遅すぎる昼食を摂るために『中華ファミリーレストラン 五味八珍』浜岡店へと行ってきました。

約2カ月振り。現在出向中の『くれたけイン御前崎』とは目と鼻の先にあるにも関わらず、です。まぁ、意外にたくさん店はありますからねぇ。

今回はランチ・タイムも過ぎていたので、グランド・メニューから『レタスチャーハンセット』を注文。『普通のらーめん』と『レタスチャーハン』がセットになったメニューで、なかなかにお手頃です。

まぁねぇ、僕は気分的に『五目らーめん』を食べたいときがあって、ところがセット物のメニューはそこに届いてくれないことが多々なんです。もちろん、サービス業に従事している人間としては「えっ、何でできないの?差額上乗せすればいいだけじゃないの?そんな融通も利かないの?」なんて、王様気取りのお客様には到底なれないので、できないならできないなりに妥協点を探ります。その結果、今回はセットを優先して、ラーメンを『普通のらーめん』にして、落ち着きました。

十分です。何度も書いていますが、3年程前にリニューアルされた『普通のらーめん』(醤油)は、深みがあってスープがおいしい。本当に、リニューアル後の味は、いいんです。

いやぁ、またの機会を楽しみにしたいと思います♪

****************************************

中華ファミリーレストラン 五味八珍 公式サイト

http://www.gomihattin.co.jp/index.html

粋蓮 = 2020.02.02

一昨日2月2日(日)はOFFで、翌日も同じくOFFだったので、『くれたけイン御前崎』での仕事を定時で終え、そのままに富士市へ。途中、せっかくなので藤枝市付近で”朝らーめん”でもしようかと思っていたのですが、諸々重なって、辿り着いたのが『麺’s 食堂 粋蓮』です。

ラーメン本にも紹介されている店で、なかなかにこだわりを感じるこの店は、焼津市焼津にあります。今回注文したのは、『丸鶏醤油らぁ麺』。別盛でサーブされるラーメンというのが初めてだったので新鮮に感じたのですが、これは「まずはスープの麺の味をお愉しみください」という店の姿勢から。

う~ん、スープは醤油ながら尖らず、旨味だけを抽出したかのよう。丸鶏だしの豊かな風味とともに、口の中で広く香ります。まろやかな舌触りだし、とてもおいしい。麺はしっかりとしたコシがあって、トッピングもそれぞれに主張が豊か。うん、それぞれの要素がしっかりと魅力を発揮しつつ、絶妙にかみ合っている感じ。

いやはや、これはおいしいぞ♪

しゃもじ = 2020.01.28

先日1月28日(火)はOFFだったのですが、夜に映画を観た後で、『彩食酒麺 しゃもじ』へと行ってきました♪

ここは、『くれたけイン・セントラル浜松』から徒歩5分弱の場所にあり、深夜まで営業しているラーメン店。これまでに『軍鶏のつみれ塩 ラーメン』・『煮豚醤油ラーメン』・『辛口ねぎみそラーメン』と食べてきたので、今回は『こくみそラーメン』にしてみました。

うん、コクがあって、それでいてまろやか。そして、味噌ラーメンだと少なからず辛味が付加されていることが多いのですが、ここはそういうこともなく、味噌の風味も強過ぎない。

このまろやかさはなかなか際立っていて、味噌ラーメンでここまでというのは、過去になかった気がします。スムーズにスルスルッと食べ進めることができて、なかなかにおいしい。

そうそう、今回は併せて、『ニンニクたっぷり餃子』と『つみれの素揚げ』も食べてみました。う~ん、こちらもおいしい!!ちゃんと1品として成立しているし、ご飯がほしくなるおいしさでした。

今回もまた、いい晩餐になりました♪

RiQ = 2020.01.24

先週1月24日(金)のこと。

ふと思い立って『掛川城』へと出掛けたのですが、その途中、昼食のために『麺屋 RiQ』へと行ってきました。掛川市は連雀、掛川本陣通り内にある、担々麺の専門店。そうです、おいしい担々麺を食べたかったんです。

で、先日入手したラーメン本で近くにいいところは無いかと探してヒットしたのが、この店。主に紹介されていたのは『赤鬼担々麺二段』というメニューでしたが、僕は辛さをメインに求めているわけではなかったので、併せて紹介されていた『金胡麻と桜海老の海老味噌担々麺』を注文しました。

う~ん、スープからはあまり桜海老を見付けることが出来なかったのですが、穏やかで角のない味噌がいい感じでした。トッピングされている肉そぼろと桜海老を溶き解していくと、うんうん、桜海老もしっかりと香ってきます。そうね、こうして食べないといけませんよね。うん、香ばしい。そして、金胡麻も、控えめだったのかもっと香ってきてもいい気がして、お好みでと渡されたものを追加投入。うん、これは、塩梅を見極める必要がありそうです。

ただ、スルスルッとスムーズに喉を通っていくたまご麺の食感も心地良いし、最後の一押しを自分で決められるという印象の1杯。なかなかにおいしかったです♪

機会があったら、『赤鬼担々麺二段』にもチャレンジしてみよう!!

 

 

****************************************

麵屋 RiQ 公式サイト

https://www.oz-1026.com/riq/

樓蘭 = 2020.01.21

先日1月21日(火)のことですが、ちょっと送迎を引き受けたこともあって、ついでに『中国料理 樓蘭』へと行ってきました。

ここは、浜松市は浜北区小松にある中国料理店。静岡県警察西部運転免許センターの北側に位置しています。先日手にした『究極のラーメン 2020 静岡版』にも掲載されていて、その『担々麺』を狙っていきました。そして、注文したのは、ランチ・メニューから『めん定食』。

これはメイン料理1品にハーフ・サイズの『担々麺』もしくは『醤油ラーメン』が付き、ライスと漬物がセットになってます。麺はレギュラー・サイズに変更も可能で、今回は3種のメイン料理から『揚げ豆腐の豆板醤煮込み』を、そして麺は『担々麺』をレギュラー・サイズで、チョイス。見た目で既にピリリと刺激を感じてしまいますが、バランスを考えて選んでみました。うん、メインが、ヘルシーな感じですよね?

さて、お目当ての『担々麺』はゴマ感の強い1杯でした。辛みはさほど強くは感じず、口に含んだ際に適度なパンチ。麺がたまご麺なので舌触りがツルッとして、そこで少しまろやかに感じさせられているかもしれませんね。不思議と味わいが後を引かないので、『担々麺』なのに、『担々麺』にしては、すごくあっさりと食べやすい印象でした。そして、メインもピリリと刺激がありながら、揚げ豆腐以外にも具材が豊富で味わいも折り重ねられています。

う~ん、住んでいる場所からはなかなかに遠いので、最初で最後になってしまうかもしれませんが、このランチはおいしいです♪

****************************************

中国料理 樓蘭 公式サイト

https://www.lorlan.com/

甘藍屋 = 2020.01.11

先日1月11日(土)のこと。この日は、御前崎での勤務の合間に『すごい!マーチング祭 2019 in 浜松』のために『浜松アリーナ』へと来ていたのですが、時間的な余裕が少なく、終了後にサクッと準備して移動しなくてはなりませんでした。

そこで、『浜松アリーナ』から程近く、かつ家と同じ方角にある『らーめん ぎょうざ 甘藍屋』へ・・・・・・。

今回、記憶から離れない『こってり豚そば』のクリーミーさを差し置いて、敢えての『あっさり豚そば』をチョイスしてみました。スープが、透き通ってます!!

スープを1口すすってみると、ほうほう、旨みを感じさせつつ、確かにあっさりとしている。うんうん。見た目はチャーシューが強く見えるのに、スープが押されていない。もちろん、とろ~りほろっほろの自家製豚チャーシューはしっかりとおいしいし、もっちり小麦の風味の強い中太平打麺も存在明確。ただ、スープがしっかりと支えている感じ。う~ん、おいしい!!

そういえば、今回は『月替わりセット』にしてみました。そして、この日の『月替わりメニュー』は『麻婆豆腐』。ラーメンをあっさりにしたこともあって、この『麻婆豆腐』のパンチがしっかりと効いてくる。鉄板での提供なので最後までアツアツだし、ピリリと刺激もあっておいしかったです。これでご飯、5杯くらいいけそう(笑)

うん、今回もまた、しっかりと満足感が高い♪

****************************************

らーめん ぎょうざ 甘藍屋 公式サイト

https://www.at-ml.jp/66771/

御前崎グルメ⑫ = ネギらーめん

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第12回は、『ネギらーめん』。

訪れたのは、御前崎市池新田にある『麺の房 味わい亭』です。前回、”静岡県西部地区の豚骨部門で”と紹介したのですが、その後実際にラーメン本を目にするチャンスがあったので開いてみたら、”静岡県全体の豚骨部門で”人気1位を獲得しているようです。

今回は、看板メニューの『ネギらーめん』をチョイス。豚骨スープにマー油が振りかけられていて、これがコクを引き出しています。ただ、前回も感じたように、豚骨特有の香りやクセが、あまり感じられない。もちろん、前回のように魚介スープとのWスープ仕立てではないので、豚骨感は明確なのですが、強くないんです。つまりは、非常に食べやすい。たっぷりとトッピングされたもやしとネギのおかげでもあると思うのですが、ともに食感としてのアクセントにもなっているし、バランス的には絶妙。

う~ん、これはいい1杯ですよ♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

御前崎グルメ⑪ = 和とんこつらーめん

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第11回は、『和とんこつらーめん』。

訪れたのは、御前崎市池新田にある『麺の房 味わい亭』です。とあるラーメン本で、静岡県西部地区の豚骨部門で人気1位を獲得したことがあるとの話もある店で、この日もランチの開店1時間を経過しないうちに店の外まで行列ができ始めるという・・・・・・。

初めてだったこともあって、気分でメニューを選んだ結果、『和とんこつらーめん』に。いわゆる”節系とんこつ”というやつですね。煮干し等の魚介スープと豚骨スープとのミックスで、食べた感覚としては魚介をより強く感じるスープに仕立てられていました。うん、豚骨特有の香りやクセが、あまり感じられないレベルに抑えられています。結果として、後が重たくならない。豚骨のガツンとしたパンチを期待すると物足りなく感じるかもしれませんが、少し豚骨が苦手だったり重たくなるのを敬遠したいときには、確実にマッチすると思います。しかもこのパターンだと、あっさりし過ぎないし、食べ応えを損なうことがない。

う~ん、絶妙ですね!!

この店は基本的に豚骨醤油のスープになっているとのことなので、次回は是非、看板メニューの『ネギらーめん』を試してみよう♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

2019年12月終盤のこと。

例年こうなるのですが、年内に年内の話を終えておきたいと思いつつ、何かが起きた後に何かしら書いているので、なかなかね、終えられません。その上で、新年に入ってからも旧年の話をし続ける日々が続くのも心良ろしくはないと思うので、まとめ投稿という形に甘んじる結果になります。

まぁ、ドンマイ(笑)

さて、12月の終盤は、30日(月)が結果として仕事納めになり、大晦日の31日(火)はOFFでした。この2日間に何があったかというと・・・・・・

30日(月)のランチに焼肉を食べようと待ち合わせをして、まさかの店間違いで『熟成焼肉 いちばん』浜松志都呂店で食べたのですが、雨の中小走りで車から店へ向かったときに左足の『Crocband Clog』がすっぽ抜けて靴下がびしょ濡れになってちょっと気持ちの悪い時間を過ごしました。焼肉の味はおいしかったし、ご馳走になったこともあって満足。

その後夕方に『株式会社 呉竹荘』からの誕生日プレゼント(カタログ・ギフトで選んだ品)が届き、それを受け取ってから御前崎へ出勤。

明けて31日(火)は、朝に退勤して一旦浜松へ戻り、洗濯やら何やらをして、午後に『くれたけイン・セントラル浜松』へおせちを受け取りに向かいました。『株式会社 呉竹荘』謹製のおせち。2段重で25,000円という、少し贅沢なおせちです。内容については、細かく書きませんが、料亭からスタートした会社の料理人が腕によりをかけたおせちなんです。

そして、それを持って、車で実家のある富士市へ。

約2時間の間、車内のエアコンは18℃・・・・・・。おせちを痛めないための温度管理は、徹底されているのです。例え実家で家族が食べるのだとしても、そこで気は抜きません。

お腹が空いたので、道中昼食を摂ろうと思って、富士市に向かう際の恒例の店に寄ろうとしたら長蛇の列ができていたので、今回は敬遠。あまりロスせずに立ち寄れる場所をと選択し、『麺処 びぎ屋』磐田店へ。ここは本当においしい。『特製醤油らーめん』を選んだのですが、これはいろいろと愉しませてくれる1杯で、大満足でした。

そして、今回は前年と違って定員オーバーではなかったのですが、予防的措置として『くれたけイン富士山』へ宿泊することにしていたので、一度立ち寄り、必要なものだけを持って実家へ。

夕飯を食べて、待てども待てども全員が揃わない。相続に関する話し合いが必要な状態だったのですが、当事者が現れたのがよもやの24時少し前という・・・・・・。こんな話を年を越してまでしたくなかったのですが、日付が変わる直前から年越しそばを食べて、その後に話し合い。役割を果たすべき人間が役割を果たしきれなかったり、役割の範囲を見誤ると面倒なことになるのだということをお互いに確認しつつ、落とし処を見付けて落着しました。

ホテルに戻ったのが3時っていうね・・・・・・。そりゃ、今回は初日の出と富士山を写真に収めようと思っていたものの、しっかりと寝過ごしますよね(笑)しかも、夢も見ていない。睡眠不足で胃が本調子じゃないことが目覚めた瞬間にわかってしまう元旦の朝。

そんなこんなで、旧年中は大変お世話になりました。2020年も是非、よろしくお願いします♪