Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

Blog

サイト管理人 ‘twikk’ のブログです。 つれづれなるままに・・・・・・。

ブログ一覧

京都TRIP ~肆・法観禅寺~

今月上旬の7月8日(月)~10日(水)の3日間、京都府京都市へと行ってきました♪

実に約10年ぶりの上洛の目的は観光だったのですが、初日の8日(月)はゆったりと京都飯を愉しむ時間にあてました。そして、2日目の9日(火)と3日目の10日(水)は、京都観光1人旅。

9日(火)の目的地の3番目『八坂神社』、続いて『音羽山 清水寺』としていたのですが、せっかくなのでと、道中で『霊応山 法観禅寺』へ立ち寄りました。ここは、広く一般に”八坂の塔”と呼ばれています。その要因は狭小の境内に目立った建設物が五重塔だけだから・・・・・・ということですが、その五重塔が印象的で、”最も京都を感じる情景”のひとつだからに違いありません。たしかに、この塔が見えたときの感慨たるや、半端ない。

ここの写真は結構出回っていて、それ故に外国からきた観光客の人たちもたくさんカメラを構えていました。『音羽山 清水寺』へは坂を上る形になるのですが、その坂の途中で振り返ってパシャパシャしている人がたくさんいましたね。うんうん、非常に、趣がある景色です♪

京都TRIP ~参・八坂神社~

今月上旬の7月8日(月)~10日(水)の3日間、京都府京都市へと行ってきました♪

実に約10年ぶりの上洛の目的は観光だったのですが、初日の8日(月)はゆったりと京都飯を愉しむ時間にあてました。そして、2日目の9日(火)と3日目の10日(水)は、京都観光1人旅。

9日(火)の3番目の目的地は『八坂神社』です。ここは、大学時代に何度も足を運んだ場所。まぁ、行事のついでにというのが全てだったので、改まって詣でるのは今回が初なんですよね・・・・・・。なかなかに、感慨深い(笑)

さて、7~9世紀に創祀されたと言われているこの『八坂神社』ですが、朝廷や公家に武家からも崇敬が厚く、幾度かの荒廃の危機を乗り越えて現在に至ります。祭神は、素戔嗚尊・櫛稲田姫命・神大市比売命・佐美良比売命・八柱御子神・八島篠見神・五十猛神・大屋比売神・抓津比売神・大年神・宇迦之御魂神・大屋毘古神・須勢理毘売命・稲田宮主須賀之八耳神と、本殿に13座。う~ん、豪勢!!

そして、何よりもこの『八坂神社』の最大の祭礼が、あの『祇園祭』なんですよね。7月1日~31日まで、丸々1ヶ月行われる大祭。京都の夏の風物詩でもあり、1番盛り上がりを見せる時期でもあります。やはりメインとなるのは”山鉾巡行”と”花傘巡行”なので、僕はピークを迎える前に訪れたことになるのですが、それでもあちらこちらからお囃子が聞こえてきたりもして、徐々に盛り上がりを見せる空気を楽しんできました♪

***************************************

八坂神社 公式サイト

http://www.yasaka-jinja.or.jp/

京都TRIP ~弐・誓願寺~

今月上旬の7月8日(月)~10日(水)の3日間、京都府京都市へと行ってきました♪

実に約10年ぶりの上洛の目的は観光だったのですが、初日の8日(月)はゆったりと京都飯を愉しむ時間にあてました。そして、2日目の9日(火)と3日目の10日(水)は、京都観光1人旅。

9日(火)の2番目の目的地は『総本山 誓願寺』です。ここは、浄土宗西山深草派の総本山。念仏道場として、地域に根付き、愛されてきました。特に清少納言・和泉式部・松の丸殿といった名高い女性たちが帰依したことから、俗に”女人往生の寺”とも呼ばれていて、さらに、落語発祥・芸道上達の寺としても広く信仰を集めているそうです。

本尊は『阿弥陀如来座像』で、もとは石清水八幡宮(京都府八幡市)に安置されていたものが移安されました。木造の寄木造布貼の丈六座像で、鎌倉時代から南北朝時代の頃の作と見られています。

浄土宗西山深草派の総本山として、念仏道場として、その歴史を重ねてきたものの、度重なる災禍にも見舞われ、その都度再建されてきた『総本山 誓願寺』。朝の時間帯に訪れたこともあって静寂に包まれていましたが、厳かな雰囲気に包まれていました♪

***************************************

浄土宗西山深草派総本山 誓願寺 公式サイト

http://www.fukakusa.or.jp/

京都TRIP ~壱・六角堂~

今月上旬の7月8日(月)~10日(水)の3日間、京都府京都市へと行ってきました♪

実に約10年ぶりの上洛の目的は観光だったのですが、初日の8日(月)はゆったりと京都飯を愉しむ時間にあてました。そして、2日目の9日(火)と3日目の10日(水)は、京都観光1人旅。

9日(火)の最初の目的地は『紫雲山 頂法寺』、いわゆる『六角堂』です。ここは、聖徳太子が創建した天台系の単立寺院で、本堂の形状が六角形であることから、かねてより『六角堂』と呼ばれて親しまれています。

また、本堂の北側には聖徳太子が身を清めたという池があり、そのほとりには小野妹子を始祖とする僧侶の住坊があり、これが”池坊”と呼ばれるようになりました。そう、いけばなの根源とされる華道家元稼働”池坊”。華道は、この地で育まれ、広がっていたんですね。

今現在、『六角堂』隣接し、いけばなの研修施設等が入っているビル『WEST18』の展望エレベーターからは、全景を見下ろすことも。『六角堂』と呼ばれる所以や”池坊”との密接な関係を感じ取れるはずですよ♪

本尊は『如意輪観世音菩薩坐像』で、特に長寿・安産・魔除に功徳があるとされています。さて、僕も”六根清浄”を願うとしましょう!

***************************************

紫雲山 頂法寺 公式サイト

https://www.ikenobo.jp/rokkakudo/index.html

京都TRIP ~序・語る食膳~

今月上旬の7月8日(月)~10日(水)の3日間、京都府京都市へと行ってきました♪

実に約10年ぶりの上洛の目的は観光だったのですが、初日の8日(月)はゆったりと京都飯を愉しむ時間にあてました。まぁ、夜勤明けで諸々の事情を済ませた後での移動日でもあったので、こんなものです。

そもそも京都に行こうと思ったのは7月3日(水)のこと。これまでも連休は幾度かあったのですが、諸事情絡んでどこにも出掛けることが適いませんでした。そのため、ふと思い立っての即決旅敢行。

さて、宿泊先は『ヴィアイン京都四条室町』として、この日は京都市中京区先斗町にある『釜めし割烹 あげ半』へ。ちょっと奥まった場所にあるので見付けるのにやや苦労しましたが、ここではかなりの満足感を味わうことができました。

先付が『長芋の揚げ出し』と『キャベツとえのき茸のさっぱり炒め』。外が湿気の影響もあってむんむんじんわりと暑い状態だったので、その中を歩いてきた僕は、すっきりと爽やかな気分になりました。その先は、『自家製カラスミ』・『焼きぐじ(甘鯛)』・『万願寺甘とう』・『ハモの柳川風』・『鶏釜めし』と注文。いずれも、う~ん!!と感嘆のおいしさでした。

特筆しようとすると、全てを記載せざるを得ない程にいい塩梅の出汁に旨味・塩気・甘味・酸味、食感さえ豊かでした。そして、京都府舞鶴市に本店を構える店だけあって、旬の食材も豊富で彩や味わいも深い。かつ視覚的にも季節を感じられるものがあって、多くは語らないもののしっかりと語り尽くされる空間・時間でした。

京都は、やっぱりいい♪

***************************************

釜めし割烹 あげ半 公式サイト

https://agehann.com/