紅すゞめ = 2020.06.20

先日6月20日(土)のことですが、我が愛すべき兄上様とともに『紅すゞめ』へと行ってきました。

ここは、浜松市の中区は板屋町にある割烹・日本料理の店。そして、実は伯父が修行を積んだ店でもあるということで、その縁を敢えて手繰る感じでの訪問(いや、それを表に出したわけではないのですが)でした。

う~ん、雰囲気のある店構えで、雰囲気のある店内。スッと背筋の伸びる感じで席に付き、メニューを見ると、結構な幅広さといずれもおいしそうな文字が並びます。その中から、『かつおの土佐作り』・『あじのお造り』・『米茄子田楽』・『新じゃがバター焼き』を注文。特に活きのいいあじに興奮しながら、それぞれの味わいを十二分に噛みしめ、2杯目からの日本酒は久々の『喜久酔』特別純米を合わせてみました。

至極。至福。

お互いに別のもので〆たのですが、僕のチョイスは『酢橘そば』。喉越しもよろしく、香りも豊か。初夏の暑さにスッキリサッパリとした心持ちになって、爽快感とともに宴を終えることができました。

う~ん、『酢橘そば』はいい。本当に、いい。

そして、この店はとてもいい♪

****************************************

割烹・日本料理 紅すゞめ 公式サイト

https://www.benisuzume.co.jp/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください