御前崎グルメ㉘ = しらすダブル丼

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第28回は、『しらすダブル丼』。

訪れたのは、『御前崎海鮮なぶら市場』にある『和風レストラン ナチュラル』です。御前崎と言えば、かつおに次いでしらすが挙げられることも多いのですが、いよいよ旬を迎えるしらすを、存分に堪能してきました。

今回は丼ですが、ここに小鉢と味噌汁と漬物がセットになっています。十分過ぎる内容ですが、メインの丼には、御前崎港で水揚げされた生しらすと釜揚げしらすがどっさりと盛られています。そして、身が大きい。それでいて締まっているし、生臭さが微塵もありません。鮮度、ですねぇ。

生しらすのつるんとした食感と釜揚げしらすのぷにっとした食感、生しらすの甘苦い風味と釜揚げしらすのやや塩気を感じる風味。それぞれの違いを感じつつ、黙々と、そう黙々と箸が進みました。

僕の中では、田子の浦港で水揚げされた生しらすがNo.1、御前崎港はNo.2。あ、舞阪港を試してない・・・・・・用宗港も試さないと。う~ん、意外に比較されてきていないということが発覚。しっかりと記憶して、静岡県内のしらすを比較してみようと思います♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください