MS-Bible 42

第40巻と同時に届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第42巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつを掘り下げて紹介していくものですが、今号では『XXXG-00W0  ウイングガンダムゼロ (EW版)』です。

劇場版の『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』に登場する機体で、TVアニメ版『新機動戦記ガンダムW』に登場するものからはデザインや設定が改変されています。まぁ、確かに型違いや設定違いのうちに入るのかもしれませんが、放送される媒体によってデザインや設定が変えられてしまうというのは、何だか1体と数えることに躊躇いしか感じませんよね。こういう制作側の思惑は、鑑賞者側からすれば矛盾に感じてしまう・・・・・・。

ともあれ、『ゼロシステム(Zoning and Emotional Range Omitted System)』を搭載した、”アフター・コロニー”史上初のガンダム・タイプ。このシステムこそがこの機体の悲運で破壊的な高性能を引き出しているのですが、”諸刃の剣”の極みであるともいえます。期待名の由来ともなった翼型のスラスター等、特徴的な装備が多数ですね。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定がも含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『MA-08 ビグ・ザム』。初代に登場する特徴的なモビルアーマー。うん、楽しみです♪

Your email will not be published. Name and Email fields are required

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください