毘沙門天大祭 = 2020.02.02

2月も何気に5日目ですが、3日前の2月2日(日)に、『毘沙門天大祭』へと出掛けてきました♪

静岡県富士市は今井にある『香久山 妙法寺』が、その舞台。毎年旧正月の7~9日に行われるのですが、今年は1月31日(土)~2月2日(月)が開催日となりました。

そもそも、この寺院の主神である毘沙門天像はとても珍しいもので、聖徳太子の御親作と言われ、『太子両肩上湧現尊像』という様式です。毘沙門天像が聖徳太子像の肩の上に立たれている像、なんです。そして、大祭期間中に拝願すると大きな功徳があると言われています。

富士市では”四大祭り”の一角を担う祭り。昨年に引き続いて、ということで足を運んだのですが、最終日の夜ということで、想像よりは人混みが緩やかでした。ただ、時間的に18時00分少し前に現地に到着したこともあって、高校生やら若者が多かった気がします。そうそう、この祭は催事として『日本三大だるま市』のひとつも兼ねているため、日本各地から凄まじい数のだるまが境内に集まります。今回は最も小さいサイズではありますが、縁起物としてゲット。もちろん、だるまの並ぶ壮観な屋台もパシャリとしてきました。

現地までの交通は、今回も『岳南鉄道』を利用。吉原地区の愛すべきローカル電車です。いろいろと工夫を凝らして集客に勤しんでいます。割とスムーズに乗ることができましたが、年に1度は乗っておきたいなぁと思いました。

ということで、せっかくなので、少しではありますが、画像で『毘沙門天大祭』の様子を紹介しておきましょう♪

****************************************

毘沙門天大祭 公式サイト

http://www.fuji-bisyamonten.com/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください