MS-Bible 35

第34巻と同時に手元に届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第35巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつを掘り下げて紹介していくものなのですが、今号では『RX-77-2 ガンキャノン』。

『機動戦士ガンダム』に登場する機体で、両肩のキャノン砲に目が行ってしまいます。そして、『コア・ブロック・システム』を有し、”V作戦”によって開発・生産された機体であり、『RX-78-2 ガンダム』と『RX-75-4 ガンタンク』とは互換性を持った兄弟機に当たります。

非常においしい活躍をしたシーンが記憶に残っているし、リュウ・ホセイやカイ・シデンといた癖のあるキャラクターが搭乗しました。そう、本当に、パイロットのキャラクターと相俟って、おいしい存在だった機体。アムロ・レイのピンチの際には、特にです。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定がも含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『MRX-009 サイコ・ガンダム』。この機体が登場したシーンは、『機動戦士Zガンダム』の中でも切ない気持ちになるものばかりでした。搭乗したパイロットは、フォウ・ムラサメ。運命のいたずらが、そこにはありました♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください