Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

御前崎グルメ② = 本メジ刺身定食

御前崎グルメ② = 本メジ刺身定食

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第2回は、『本メジ刺身定食』。

訪れたのは、御前崎市池新田にある『和風ビストロ 夢想屋』です。文字通り和風な店であり、ビストロでもあって、座敷とカウンターのある大衆的なレストラン。割烹着に身を包んだ対象が真摯に食材と向き合っていて、地元に根付いた展開をされているようです。ランチに高校生や教員の姿があったので、馴染みの深い店なのかもしれませんね。

“本メジ”とは、本マグロとメジマグロを合わせた言い回し。つまり、成長段階で区分した2種のマグロを愉しめるんですね。定食なので、ごはん・小鉢2種・味噌汁が付いています。これ、大将のこの日のおススメ。

うん、甘みが違う。質感もそうなのですが、味も確かに違います。メジマグロの迸る快活な甘み、本マグロの落ち着き整った甘み。身の鮮やかさにも出ていますが、比べると明らかに違う。そして、それぞれにおいしい!!小鉢2種はもやしの酢物と高菜だったのですが、こちらもそれぞれ手作りで、お値段以上の価値を感じる定食でした。

そうそう、今回この店を訪れたのは、この11月21日(木)より御前崎市が”自慢のごちそう”第4弾として生み出した『遠州御前崎鰆めし』を食べるためでした。残念ながら、タッチの差で鰆が終わってしまい、予定を変更したわけですが、静岡県内最南端の岬を有する御前崎市の新鮮な海の幸を堪能してきました。次回、改めて訪れてみようと思います♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

« »

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください