MS-Bible 30

第29巻と同時に届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第30巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつ掘り下げて紹介していくものなのですが、今号は『MSZ-010 ZZガンダム』。

『機動戦士ZZガンダム』の中で主人公のジュドー・アーシタが搭乗する機体であり、数あるモビルスーツの中でも屈指の攻撃力を誇る機体です。ガンダムの中でも、唯一額にハイ・メガ粒子砲が装備されているので、パッと見でもそれとわかる特徴ですよね。しかも、初代『RX-78-2 ガンダム』を思わせる分離式の構造を持ち、かつ『MSZ-006 Zガンダム』同様に変形機構をも備えています。相当な機動性と攻撃力、そして構造上の柔軟性に富んだ機体なんですよね。

そして、『機動戦士ZZガンダム』は歴代のシリーズの中でもややコミカルに描かれていて、ジュドーをはじめとする登場人物たちの年齢も比較的若い。そのために、いろいろな面で幼く、脆い。拙くて危うくて、それでもとっても人間的で。僕は、このシリーズが1番好きです。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定がも含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『RX-78GP03 ガンダム試作3号機 デンドロビウム』。こちらも重量感のある機体。まぁ、こういうのを1体と数えるものなのかどうかは疑問があるのですが、楽しみです♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください