Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

天気の子

天気の子

先日8月27日(火)は、『映画三昧デー』でした。この日は、思い切って5本観てしまおうと、意気込んで出発。9時15分~22時40分までを『TOHOシネマズ浜松』で過ごしてきました。

最初に観たのは、『天気の子』。

新海誠の監督作品として、かなりの注目を集めた作品ですが、う~ん、映像美というか、アニメーションの極細やかさには、ついつい驚かされましたね。あと、主人公たちの声が、いい。本当に素朴で澄んでいます。この2点の印象が、振り返ってみても結構大きい・・・・・・。

物語としては、家出をして東京に出てきた森嶋帆高(醍醐虎汰朗)が、手持ちの資金が尽きたある日、天野陽菜(森七菜)と出会います。何気ない出会いだったものの、帆高が『有限会社K&Aプランニング』で住み込みのバイトを始めた後に、再会。そして、陽菜の晴れを呼ぶ能力を活用して”100%晴れ女”業を開始するが、天気の調和が乱れるご時世において、その能力を使うことはどのような影響を生むのか、といった内容です。

主要登場人物それぞれを取り巻く環境や相関性、そこからの選択。それがこの作品のテーマでもある”生き方の選択”という要素でもあり、特に帆高と陽菜の恋模様も気になりますね。人と人、人と自然、抗い得るものとそうではないもの、少しづつ、されど確かに歩みを進める帆高と陽菜の物語に、ほっこりやわらかい気分になりました♪

 

 

****************************************

天気の子 公式サイト

https://tenkinoko.com/

« »

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください