Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

07日

事任八幡宮 = 2020.01.03

2020年も、早くも明けて1週間が経過しようとしてます。

今年は元旦に初詣に行きませんでした。そもそも”その年の初めての詣”を指すものだと思っていて、わざわざ人の群がる年始に行く必要もないだろうというのが根本にあります。神様も、忙しいに決まってる。

ところが、初日の出が”正月三が日の日の出”を指すのと同様、初夢は”正月三が日に見た夢”のことだそうで、初詣も確かに”その年の初めての詣”であるものの、かつ”正月三が日に詣でること”を指すのだそうです。もちろん、これは現在では、という但書きがそれぞれに付く話だそうですが・・・・・・。

まぁ、できれば自分自身の地元に古来よりいるとされている神様を拝みに行きたいところではあるのですが、今回は『事任八幡宮』へと行ってきました。”ことのままはちまんぐう”と読みます。こちら、”遠江国一宮”。

実は”遠江国一宮”、以前にも紹介している『小國神社』もそうで、何が違うのかというと、社格が”官社”か”諸社”かということです。これは奉幣を受けるのが国か県かという話であって、神社の社格を表す指標としては”官社”の方がより高いとされています。まぁ、そういった込み入った話は、僕にとってはどうでも良くて、何を想ってどこへ参拝するのかということだけを考えています。

ここ『事任八幡宮』は「ことのままの明神、いとたのもし。さのみ聞きけんとや言われたまはんと思ふぞ、いとをかしき(訳:事任明神は確かな御神力だとか。それほどまでに人心をお聞きくださると言われていると思うと、大変興味深い)」と『枕草子』に記載がある通り、古くから”願い事が願ったままに叶う”と、その加護を信じられてきた神社。これはこれはと、ランチをしながらに思い立って参拝してきました。主祭神は、唯一この場所でのみ祀られている己等乃麻知比売命で、”真を知る神”・”言の葉で事を取り結ぶ神”・”言の葉を通して世の人々に加護を賜う神”・”天と地と人を結ぶ神”と言われています。

ほら、こうやって何かしらの発信をするときって、少なからず言葉を用いるし、そこは大切にしたい部分なんですよね。

初詣の賑わいもあったのですが、本当に穏やかで豊かな神力を感じられる場所に感じました。特に本宮(奥社)については、小さな社のみであるにも関わらず、周囲の空間から切り離されたかに感じる程、静寂。いい空間です。

あ、ちなみに、おみくじは”小吉”でした♪

****************************************

事任八幡宮 公式サイト

http://kotonomama.org/