Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

11月

浜岡砂丘 = 2019.11.30

今日は夜勤明け。『くれたけイン御前崎』での出向も20日目となったのですが、『1人御前崎グルメを堪能する会』第2回までの時間潰しも兼ねて、『浜岡砂丘』へと行ってきました。

まぁ、景色の話なので、多くを語らずに画像をズラッと載せておこうと思います。

浜松市の『中田島砂丘』と同じ『遠州灘』に面する砂丘なのに、波のうねり加減が全く違うんですね。サーファーに重宝され、サーフィンの世界大会までが開催される『御前崎海岸』の魅力が伝わればと思います♪

串とも = 2019.11.28

昨日11月28日(木)のことですが、出向先の『くれたけイン御前崎』から『御前崎海鮮なぶら市場』を経由して浜松へ戻り、『くれたけイン・セントラル浜松』へと立ち寄りました。

そして、長時間働いていたスタッフを労いにランチのために『くれたけイン・セントラル浜松からは徒歩5分程度、浜松市は中区肴町にある、『関西風串ふらい 串とも』肴町店へと行ってきました。まぁ、いろいろな店がランチ・タイムを終える時間帯だったので、少し予定よりも移動しましたが、サックサクの衣に包まれた”串ふらい”を堪能してきました。

今回注文したのは、ランチ・メニューから『串ランチ』。”串ふらい”が7本に、味噌汁と香物がついています。種類は日によって変わるそうですが、7種それぞれの食感や味わいが楽しめるし、如何せんサックサク感が心地良い。ソースも、オリジナルの甘みのあるもの、辛味のあるもの、そしてタルタルと3種用意されていて、串の種類に合わせることもできるんですね。

う~ん、定食メニュー以外にもメニューが展開されているので、これを肴に酒を飲むというのも、まんざらではないですよねぇ♪

****************************************

関西風串ふらい 串とも 公式サイト

http://www.kushitomo.co.jp/kushitomo/

御前崎グルメ① = かつおのタタキ定食

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

初回は、『藁焼きかつおたたき定食』。

訪れたのは、『御前崎海鮮なぶら市場』にある『一本釣り 日光丸』です。船元直営で一本釣り船『日光丸』が釣り上げてきた新鮮な海鮮が特徴。魅力的なメニューが並びます。そして、かつおは注文を受けてから藁焼きで調理されるのですが、これがなかなか豪快でインパクト大。是非厨房横の席をゲットしたいところです。

定食なので、メインである『かつおたたき』に加え、ごはん・サラダ・香物・吸い物・デザートが付いています。かつおは藁焼きの風味を味わってほしいと、まずは塩で食べることがおススメされています。その後、薬味も載せて、特製醤油ダレに漬けて、と順を追うと、それぞれの魅力が感じられるとのこと。

うんうんうんうん、かつおは赤身のかつおかとろかつおかを選べるのですが、今回はとろかつおにしました。とろ~っとやわらか、藁焼きの風味も香ばしくていいのですが、表面に焦げ目がついているものの硬くなっていません。やわらかい。表面さえもやわらかいのは、驚きでした。そして、鮮度の賜物でしょうが、生臭さもなく、心地良い食感で箸も進む。これは美味い!!

かつおと言えば土佐・高知。静岡県内でも焼津が名の高い地区なのですが、御前崎も捨てたものではありませんね。県内有数の水揚高だそうなので、是非是非お試しいただければと思います♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

孫右衛門 = 2019.11.26

昨日11月26日(火)のこと。この日はOFFだったのですが、夜になってから『焼き鳥 孫右衛門』浜松肴町店へと行ってきました♪

これまでに2度訪れていますが、ここ、『くれたけイン・セントラル浜松』からは徒歩で5分程の距離にあり、焼き鳥屋さんなのにメニューが豊富なんです。そして、気取らず奢らずな雰囲気も長閑で、店員さんもにこやか。焼き上がりを待つ時間も、苦になりません。

さて、今回もまた、最初に『おまかせ八種盛』を選んでみました。タレで4本、塩で4本というのも、偏らずに良いですよね。その後には『えのき豚バラ巻』・『オクラ豚バラ巻』・『しいたけの肉詰めチーズ』・『ピーマンの肉詰めチーズ』と続けて、〆には『鶏スープ』をチョイス。それぞれの旨味を十分に堪能してきました。しかも今回はボリューム的にも満足で無理もない感じのいい塩梅に収まりました。

そうそう、お通し、今回は『ローストビーフ』でした。しかも、断面がなかなかキレイ☆★☆出てきただけで、焼鳥を食べに来たのに、牛に心をつかまれる。ギュ・・・・・・あ、やめておきます(笑)

ともあれ、店のゆったりとした空気の中で、まったりと時間を費やしつつ、朝から食べたかった焼鳥に舌鼓。〆をスープにしたことで旨味の余韻を感じながら帰れるし、う~ん、いい。実にいい♪

****************************************

焼き鳥 孫右衛門 公式サイト

http://www.magoemon.com/

志道 = 2019.11.25

昨日11月25日(月)に、浜松市中区は木戸町にある『和風バル 志道』へと行ってきました♪

ここは、今住んでいる場所からは徒歩で3分程度の距離にある、とっても居心地のいいお店。気取らずに”くずし和食”を愉しむバルです。

この日は、OFF。前日まで、拘束時間17時間30分の夜勤を5連続でこなした後だったので、比較的のんびりと過ごし、午後から活動開始。そして、頼まれていたこれまでの画像をUSBメモリに入れてから、それを持っての訪問になりました。

いずれ、店内のTV画面でスライド・ショウが流れるそうで、これまでに僕が撮り貯めておいた画像が活用されるとのことです。グランド・メニューのみにはなりますが、是非是非、気になったメニューを注文してくださいね。

さて、今回注文したのは、順番に『蒸し鶏の葱ソース』・『イカの生姜焼き』・『おでんの盛り合わせ』・『ハゼの天ぷら』・『1本焼きネギ(ハーフ)』の5品。〆には、久々に『お茶漬け(のり)』を選んでみました。おや、のりが刻みではなくなっています・・・・・・。

今回はあれですね、食感豊かなラインナップになりました。これだけのバリエーションがあると、飽きがこなくて難儀しますよねぇ。ついついもう1品を頼みたくなってしまう。おすすめメニューを見て、自分で何品かで流れを組み立てて、ちゃんと〆て帰れるというのも、ここのうれしいところ。

あ、そういえば、画像は前回分までで720枚程ありました。結構な量ですよねぇ♪

****************************************

和風バル 志道 -shidou- 公式サイト

https://wafu-bar-shidou.com

結 = 2019.11.24

昨日11月24日(日)のこと。夜勤明けで家に戻り、しばし熟睡をした後にですが、『中華そば 一文字・結』へと行ってきました。

浜松市は東区和田町にあるこの店、『浜松アリーナ』からも程近くて分かり易い場所にあります。ただ、駐車場が一瞬詰込みかと思ってしまうくらいに、枠があってないような感じだったので、少し困惑しました。バックで捻じ込んでいる最中に照明が消えたので、「終わりか!?」と思ったのですが、幸い最後の1人として受け入れてもらうことができました。

ここ、今回が初です。

さて、注文したのは『特製中華そば』。看板に『中華そば』を掲げているし、”特製”と付くのはいわゆる”チャーシュー麺”とのことだったので、迷いなく頼んでみました。敷き詰められたチャーシューが、そのボリュームを物語っていますよね。スープに深みがあって、甘みも感じるのですが、チャーシューは表面にしっかりと火を入れてあって香ばしく、コントラストがいい感じ。このチャーシュー、独特。

そして、特筆すべきは海苔です。一般にラーメンの海苔って焼き海苔なのですが、あまり主張がないというか、印象に残らないんですよね。むしろ、いらないんじゃないかという意見も多々あるくらいなのですが、ここの海苔は、いい。すごい風味、すごい磯感。感動を覚える程においしいんです。

チャーシューと海苔、それを支えるスープの深み。いい1杯でした♪

志道 = 2019.11.22②

先日11月22日(金)に、浜松市中区は木戸町にある『和風バル 志道』へと行ってきました♪

ここは、今住んでいる場所からは徒歩で3分程度の距離にある、とっても居心地のいいお店。気取らずに”くずし和食”を愉しむバルです。

この日は、夜勤明けながら、のんびりと帰ってきたままにランチに出かけ、家でのんびりとした後に再度の訪問。大事な郵便物が届く予定があったりもしたので、なかなか睡眠もままならない中でしたが、存分にほっこりとしてきました。たまに設定するほっこりメニューで満たす感じの日は、疲労感のある日、でもあります・・・・・・。

さて、今回注文したのは、順番に『ヒラメの刺身』・『おでん盛り合わせ』・『自家製シュウマイ』・『湯葉と豆腐の揚げ出し』の4品。〆には、久々に『カニと卵の雑炊』を選んでみました。しみじみと味わうラインナップ、です。

そうそう、『おでんの盛り合わせ』はランチの際に準備を進めていたこともあっておススメをされ、『自家製シュウマイ』は夜の入店時に仕込んでいたので是非にとお願いしてみました。できたては、実にいい。

終始ほっふほふで、身も心も温まるひとときでした♪

****************************************

和風バル 志道 -shidou- 公式サイト

https://wafu-bar-shidou.com

志道 = 2019.11.22①

昨日11月22日(火)は、夜勤明け。御前崎からなので、少しのんびりと帰ると、浜松に戻る頃にはランチ・タイムに入ってきます。せっかくなので、浜松市中区は木戸町にある『和風バル 志道』へと行ってきました♪

ここは、今住んでいる場所からは徒歩で3分程度の距離にある、とっても居心地のいいお店。気取らずに”くずし和食”を愉しむバルです。

今回は『志道ランチ』を選択して、選べる揚げ物は3種から久々にカニクリームコロッケをチョイス。天ぷら・湯葉と豆腐の揚げ出し・カニクリームコロッケの順で好みがあって、天ぷら・湯葉と豆腐の揚げ出しがほぼ同等に好きなので、僕の中では珍しいチョイス、です。

そうそう、この『志道ランチ』は、お刺身・サラダ・選べる揚げ物(3種類より1品)・梅干し入り冷製茶碗蒸し・小鉢・ご飯・味噌汁・漬け物・デザート・ドリンクがセットになった充実のランチで、満足感とともにしっかりとお腹が満たされます。

近隣へお立ち寄りの際には、是非是非お試しを♪

****************************************

和風バル 志道 -shidou- 公式サイト

https://wafu-bar-shidou.com

MS-Bible 30

第29巻と同時に届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第30巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつ掘り下げて紹介していくものなのですが、今号は『MSZ-010 ZZガンダム』。

『機動戦士ZZガンダム』の中で主人公のジュドー・アーシタが搭乗する機体であり、数あるモビルスーツの中でも屈指の攻撃力を誇る機体です。ガンダムの中でも、唯一額にハイ・メガ粒子砲が装備されているので、パッと見でもそれとわかる特徴ですよね。しかも、初代『RX-78-2 ガンダム』を思わせる分離式の構造を持ち、かつ『MSZ-006 Zガンダム』同様に変形機構をも備えています。相当な機動性と攻撃力、そして構造上の柔軟性に富んだ機体なんですよね。

そして、『機動戦士ZZガンダム』は歴代のシリーズの中でもややコミカルに描かれていて、ジュドーをはじめとする登場人物たちの年齢も比較的若い。そのために、いろいろな面で幼く、脆い。拙くて危うくて、それでもとっても人間的で。僕は、このシリーズが1番好きです。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定がも含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『RX-78GP03 ガンダム試作3号機 デンドロビウム』。こちらも重量感のある機体。まぁ、こういうのを1体と数えるものなのかどうかは疑問があるのですが、楽しみです♪

MS-Bible 29

少し前に手元に届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第29巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつ掘り下げて紹介していくものなのですが、今号は『MSN-02 ジオング』。

『機動戦士ガンダム』の中でシャア・アズナブルが最後に搭乗した機体であり、物語のクライマックスを彩る機体です。”足なんて飾りです”と、そのフォルムを挿して語られたとの逸話もありますが、間違いなく高機動で高性能、そして圧のある機体。足なんて、いりません。

歴代モビルスーツの中でも、かなり人気の高い機体なのですが、それは独特なフォルムとともに、そのインパクトを上回る性能の高さ、シャアとアムロ・レイとの想いの交錯が理由かもしれませんね。とても印象的なので、『機動戦士ガンダム』の終盤、是非是非観てみてください。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定がも含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『MSZ-010 ZZガンダム』。数あるモビルスーツの中でも屈指の攻撃力を誇る機体で、搭乗したジュドー・アーシタがとっても人間的で幼く脆いのが、これまたこの機体に惹かれる理由かも。期待、大です♪