Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

06月

麺匠家 = 2019.06.22

先日6月22日(土)のことですが、深夜にも関わらず、少し出掛ける必要があったので、ついでに『横浜家系ラーメン 麺匠家』西伊場店へと行ってきました。

まぁ、何度も言っていますが、ラーメンの”〇〇系”というものには、僕自身何の興味もありません。どこがどこの系列だとか、暖簾分けした店だとか、本当にどうでもいい。むしろそういった飾りを付けずに勝負してほしいと思うくらいです。って、そもそも、そういった系統を把握もしていなければ理解する気もないというのが発端でもあるのですが、おいしいかおいしくないか、それだけじゃないですか。

と、注文したのは『豚骨醤油ネギラーメン(並)』です。まぁ、別盛のネギをズサッと盛ると、画像のようになるわけですが、なかなかのボリュームでした。豚骨が濃ゆいスープに、太麺の存在感。基本のトッピングはチャーシューにほうれん草とウズラの煮卵、そして海苔。そこにネギラーメンならではのネギがズサッと乗って、食感と味わいに深みを加えるという・・・・・・。

うんうんうんうん、なかなかに旨い。濃ゆさもいいし、麺のもちっとした感じも絶妙。深夜帯には若干ヘビーではありますが、ガツンと食べたいときに重宝しそうな気がします。近くないのが難点ですが、ひょっこり再訪する可能性もありそうです♪

志道 = 2019.06.21

先日6月21日(金)は、夜勤明けのまま会議へ突入。そして、終了後に、以前の職場である『くれたけイン富士山』のスタッフと共に、浜松市中区は木戸町にある『和風バル 志道』へと行ってきました♪

ここは、今住んでいる場所からは徒歩で3分程度の距離にある、とっても居心地のいいお店。気取らずに”くずし和食”を愉しむバルです。

と、今回は3週間ぶりのランチ。6月より『季節限定ランチ』が夏メニューに切り替わっているとのことで、今回はその『夏野菜カレーうどんランチ』をチョイスしました。僕のここでのランチで、確実に1割にも満たない選択なのですが、これは敢えて。『夏野菜カレーうどん』はややスパイシーながら野菜の甘みもあってスルスルッと食べられるし、ここにご飯を投入して”カレーライス”にするのもいい。なかなかに、HOTです(笑)

さて、この『夏野菜カレーうどんランチ』は、サラダ・梅干し入り冷製茶碗蒸し・ご飯・デザート・ドリンクがセットになっています。他のランチと同様、満足感とともにしっかりとお腹が満たされますよ♪

****************************************

和風バル 志道 -shidou- 公式サイト

https://wafu-bar-shidou.com

濱しょう = 2019.06.20

先日6月20日(木)のこと。

銀行の職員との打ち合わせが必要だったこともあって、その時間に合わせて富士から浜松へ戻りました。そして、打ち合わせが終わってから出勤時間までは少し間があったので、せっかくなのでと、『食飲室 濱しょう』へと行ってきました♪

職場である『くれたけイン・セントラル浜松』の斜向かいに位置しているこの店は、ミールクーポンの提携店でもあります。訪れたのは2度目なのですが、前回は『サケフライ定食』を注文し、衝撃的な思いをしました。

今回は、同じく平日限定ランチより、『鮭塩焼き&玉子焼き定食』をチョイス。この焼いた鮭も、絶品!!まぁ、僕はかつて料理屋からビジネスホテルへと転身した会社に勤めていたので、料理人の焼く魚は何度も味わったことがありますが、やっぱり脂の乗り方やら身のほぐれ具合やら、圧倒的に違いますね。あぁ、うまい。そうさ、久々に焼き鮭がうまい、いや久々にうまい焼き鮭を食べた。

刺身・冷奴・味噌汁・サラダ・香の物の付いた定食は、ランチにはしっかりとした満足感を与えてくれます。他のランチも、是非是非試してみたいと思います♪

田ぶし = 2019.06.19

先週6月19日(水)に、車検に出していた車を受け取った後、『麺処 田ぶし』富士店へと行ってきました。

かなりの久々。振り返ると、どうやら約2年ぶりらしいです。

と、久々になるとついつい手が伸びるのは看板メニュー。今回も『本家”田ぶし”らーめん』を注文してみました。もちろん、毎度の如く『得トッピング』も追加で投入。

う~ん、やっぱり、煮たまごが増えていない。そう、『得トッピング』を追加すると、煮たまごは半分ではなく1つになるはず・・・・・・ですよね??まぁ、過去にいろんな場所でこういうことは経験済なので、敢えて何も申しませんが。特にこの店は、穂先メンマがいいんです!!書く度に言っている気がしますが、この穂先メンマだけでも、凄まじい価値があると感じています。そして、ここまでの”節系”には浜松では未だに出会っていないので、久々の味わいにうれしくなりました。

さて、この『麺処 田ぶし』は、静岡県内では三島店を皮切りに沼津・富士・イシバシプラザ(沼津)・静岡と展開しています。麺は中太で豚骨ベースに鰹の香味油。この組み合わせが絶妙で、多くの人から好評を得ています。期間限定の季節メニューも展開しているので、そのあたりも楽しみにしているのですが、あぁ、浜松にないのが、本当に口惜しい・・・・・・♪

 

 

****************************************

麺処 田ぶし 公式サイト

http://www.tabushi-mishima.jp/

めん太郎 = 2019.06.19

先週6月19日(水)のこと。

富士市に戻ったついでに、『めん太郎』原田店へと行ってきました♪

僕にとっての思い出の場所は木の宮店なのですが、2店舗展開している、そば・うどんの店です。僕のお気に入りのトッピングは、ささみ(鶏ささみ天)とメンチ(メンチカツ)で、今回もしっかりとリフレイン。それぞれしっかりと肉厚でいい感じに出汁を吸ってくれるので、味わいも抜群。

濃厚な魚介出汁に包まれたこの一杯は、懐かしさを感じるものでもあり、確かに少し変わっているものでもあり、なかなかうれしいですよね。ボリューム感もあって、重宝します。ただ、惜しむらくは家からは離れていることで、まぁ、また少し時間を置いてから、改めて行ってみたいと思います♪

三嶋大社 = 2019.06.19

先週6月19日(水)のことですが、富士市に戻ったついでに、少し足を延ばして『三嶋大社』へと行ってきました♪

静岡県三島市大宮町にあって、創建時期は不明。古くは奈良・平安時代の古書にも記述が見られるそうです。大山祇命と積羽八重事代主神をご祭神として祀り、中世以降は武士の崇敬を集めるようになりました。それもそのはず、伊豆に流刑となった源頼朝が深く崇敬し、源氏の再興を果たしたことに起因し、伊豆国 一宮としてその名を天下に広めたのですから。

本殿が国指定の重要文化財になっているのですが、各所の彫刻が本当に見事で、総けやき素木造りの様式に大きな見応えを付加しています。じっくりと眺めてみると、他の神社にはない滑らかな彫刻で、繊細さを感じました。なかなか比較することもできないものなのですが、彫りがやわらかい感じ。シンプルにきれいでした。

平日の午前だったこともあって、人も多くなく、静かでゆったりとした空間の中で、心穏やかに詣でることができました。以前に出掛けた際は初詣の人波があったのですが、今回のように過ごせると、やっぱり心地が良いものですね♪

****************************************

三嶋大社 公式サイト

http://mishimataisha.or.jp/

MS-Bible 17

第13巻と同時に届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第17巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつ掘り下げて紹介されてますが、今号は『AMX-004 キュベレイ』。

『機動戦士Zガンダム』から登場し、アクシズに集結したジオン軍の残党を率いるハマーン・カーンが搭乗。僕は、彼女のこともこの機体のことも、大好きなんです。

エゥーゴ vs ティターンズの抗争に、木星帰りのパプティマス・シロッコが加わり、その後ハマーン・カーンの勢力が加わって三つ巴になると、シロッコの乗る『PMX-003 ジ・オ』とカミーユ・ビダンの乗る『MSZ-006 Zガンダム』と併せて核戦力の主軸として物語を紡ぎます。サイコミュの搭載、ファンネル完備によるオールレンジ攻撃の実現、高速巡行を可能にするフレキシブル・バインダー等々、先進的でビジュアル的にも特徴的な装備を備えていて、かなりの高性能。もちろん、それを引き出すのがハマーンのニュータイプとしての能力でもあるのですが、すごく、いい。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定も含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『LM312V04 Vガンダム』。『機動戦士Vガンダム』に登場するガンダムなのですが、僕にとっては馴染みが薄いシリーズでもあるので、楽しみです♪

MS-Bible 16

第13巻と同時に届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第16巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつ掘り下げて紹介されてますが、今号は『MSN-00100 百式』。

『機動戦士Zガンダム』に登場し、クワトロ・バジーナことシャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン)が搭乗したこともありますが、その輝く機体が特に絶大な人気を誇ります。『Z計画』に関連する機体の1つで、コードネームは”δ”。つまり、別名『デルタ・ガンダム』と呼ばれます。

圧倒的な高性能を誇り、『MSZ-006 Zガンダム』とともにエゥーゴの中核を担いました。特徴的な金色のボディはある程度の耐ビーム・コーティング効果を発揮、メガ・バズーカ・ランチャーは戦況を1発で変え得る。そして、実はシャアの登場した唯一のガンダム・タイプということからも、そのピーキーな性能は想像に難くありません。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定も含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『AMX-004 キュベレイ』。僕の中で最も大好きな機体でもあり、大好きなキャラクターであるハマーン・カーンの搭乗機でもあるので、楽しみです♪

一蘭 = 2019.06.18

先日6月18日(火)に『天然とんこつラーメン 一蘭』浜松店へと行ってきました!!

富士市に戻る際の恒例でもあるものの、ここ2回程は敬遠していたのですが、久々に立ち寄ってみました。車検のために午前中には車を届けようと思っていた中だったので、朝です。

この日は、味の濃さ・こってり度・にんにく・ねぎ・チャーシュー・秘伝のたれ・麺のかたさと7種のオーダーを、今回は濃いめ・こってり・基本・白ねぎ・あり・基本・基本としました。うん、おいしい!!

何気に、前回がいつだったか振り返ると、2018年12月で、しかもマーチングの全国大会の期間でした。1年で最もエネルギーを費やすはずのタイミングで肩透かし状態でもあったので、味の記憶がないという・・・・・・。もったいないことをしました。代わりに今回は十二分に堪能したので、良しとしましょう♪

****************************************

天然とんこつラーメン 一蘭 公式サイト

http://www.ichiran.co.jp/index_hp.html

MS-Bible 15

第13巻と同時に届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第15巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつ掘り下げて紹介がされてますが、今号は『RX-79[G] 陸戦型ガンダム』。

こちらはOVA作品である『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場する機体で、初代RX-78 ガンダム』の規格落ち部品を使用して少数量産された機体。なかなか、コアな機体です。まぁ、初代が高性能であり、その機動性やらを担保するには各所の部品等が厳密な規格に則っていて、それに満たないものが大量に産み落とされてしまっていたことから、なんとか利用してロスをなくそうという趣旨だったようです。ただ、それでも”少数量産”に留まってしまったため、メンテナンスには他のモビルスーツの部品が流用されることも多く、多くの現地改修型が生まれました。

特に重力下での性能は初代に匹敵していたということもあって、より幅広い活躍も期待できたはずなのですが、そこまでに至らなかったのは地球連邦軍の懐事情が大きく起因していたようです。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定も含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『MSN-00100 百式』。このところ超人気の期待が連続しているのですが、この百式もかなりの人気機体。僕も好きな機体なだけに、楽しみです♪