Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

04月

MS-Bible 11

第09巻と同時に届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第11巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつ掘り下げて紹介していくということですが、今号で紹介されているのは『AMS-129 ギラ・ズール』。

主に『機動戦士ガンダムUC』に登場する機体で、いわゆる”袖付き”に所属。『AMS-119 ギラ・ドーガ』をベースにした改良機で、さほど性能面の向上はないそうですが、外見がよりかっこよくなっています。制作された年代にもよるのですが、この頃になるとデザイン面は洗練されてますよね。ストーリーの中の味方も敵も、それぞれに魅力的です。

そして、この機体は汎用性の高さが特徴的で、シャア・アズナブルの再来と謳われたフル・フロンタルの親衛隊用機をはじめ、水中用など様々なバリエーションが生み出されています。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定も含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『RX-178 ガンダムMk-Ⅱ』。これまたテンションの上がる機体のひとつで、実に楽しみです♪

MS-Bible 10

第09巻と同時に届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第10巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつ掘り下げて紹介していくということですが、今号は『RMS-099 リック・ディアス』。

『機動戦士Zガンダム』の冒頭で真っ先に機体で、終盤までしっかりと活躍する姿を見せてくれました。主な登場パイロットには、クワトロ・バジーナことシャア・アズナブル、エマ・シーン、アポリー・ベイ、ロベルト等々がいますが、さらにはアムロ・レイもその一員ということで、なかなか操作性にも優れた機体であることが窺えます。

それもそのはず、ジオン系の技術者が多く開発に携わり、その中でガンダムのメカニズムをフィードバックしているそうで、双方のいいとこどりをした機体なんですよね。そういった系譜を知ると、やっぱりモビルスーツそれぞれへの思い入れも違ってきますよねぇ。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定も含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『AMS-129 ギラ・ズール』。楽しみです♪

MS-Bible 09

つい先日手元にに届いた『GUNDAM MS-Bible(モビルスーツ・バイブル)』の第09巻。かの『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツについて、毎号1体づつ掘り下げて紹介していくということですが、今号は『RX-78GP01-Fb ガンダム試作1号機 フルバーニアン』。

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』(OVA作品)に登場する機体ですが、僕自身はまだしっかりと観たことがありません・・・・・・。が、時代としては宇宙世紀0083ということで、初代の描かれた時代より数年後という設定。その中で、万能性を若干切り捨てて高性能化を図ったとされているこの機体は、やはり曲線的なフォルムになっていてかっこいい。

そして、画期的な特徴として『ユニバーサル・ブースト・ポッド』が挙げられるのですが、これが機動性の高さと柔軟性に大きな効果を発揮しています。その詳細も少し載っているので、今回は技術面からも楽しめる1冊になっています。

マガジンの内容としては、前半が解説として、戦場レポート・機体解説・武装解説・関連機体ラインナップ・パイロット・戦記・進化論と展開され、後半はメカニック・ジャーナルとなっています。巻末には掲載MSのガンプラの紹介もあって、なかなかに充実。原画や設定も含まれているので、それだけでも愉しめます。

次号は『RMS-099 リック・ディアス』。『機動戦士Zガンダム』の冒頭から終盤までしっかりと活躍する機体です♪

志道 = 2019.04.23

先週4月23日(火)に、浜松市中区は木戸町にある『和風バル 志道』へと行ってきました♪

ここは、今住んでいる場所からは徒歩で3分程度の距離にある、とっても居心地のいいお店。気取らずに”くずし和食”を愉しむバルです。

この日はOFFでしたが、日中からいろいろと活動して、陽も沈み終えた時間に訪れました。そして、今回は、順番に『真鯛の刺身』・『紋甲イカの天ぷら』・『自家製シュウマイ』・『納豆の磯部揚げ』を注文。そして、〆には久々の『稲庭うどん』を・・・・・・と、思いきや、この日は『讃岐うどん』をチョイス。

今回の新メニューは、元から存在していたもののチョイスしてこなかった『自家製シュウマイ』。プリッとした海老の旨味がジュワッと広がって、秀逸秀逸。この日のメインにしてはいささか起伏が穏やかでしたが、しっかりと味わってきました。今回は、バリエーションがヘルシー(笑)

そうそう、せっかくなのでと、少し協力できそうなポイントについての話もしてきたのですが、それはさておき、今回もまた、と~っても心地良い夜を過ごすことができました♪

ホットケーキ♪

『聖隷三方原病院』の2階にある『Cダイナー』というレストラン。父親の見舞いに伴って、母親とともに訪れました。先日4月23日(火)のことです。

これまでにも何度か足を運んでいて、いろいろと食べてはいるのですが、その度に「何なんだ、最近の病院内レストランは!?」って思っています。メニューは一般的なものの、頗る質が上がっているんです。バターがスルッと溶けてしまった後ではあるものの、なかなか『ホットケーキ』は絵になりますねぇ(笑)

そう、今回は昼食を済ませていたこともあって、軽く『ホットケーキ』で済ませるという選択。そりゃそうだ、入らんぜ!しかしまぁ、しっとりとしていい塩梅でした。

ほぼ満腹の状態だったにもかかわらず、ちゃんとおいしくいただきました。『ホットケーキ』自体が久々に食べたのですが、オーソドックスで飾り気のないシンプルなメニューながら、ちゃんと満足できますね♪

そう言えば、我が父、この1週間でだいぶ弱ってしまったようで、かつ弱音を吐いています。全く、何を言ってらっしゃる。88歳までは生きようと思うのであれば、こんなところで躓いている場合ではないだろうに。ちゃんと気張りなさいよ!?

田所商店 = 2019.04.23

先日4月23日(火)のことですが、前日に入院することになった父親の見舞いに合わせて、せっかくなのでと『蔵出し味噌 麺場 田所商店』浜松店へと寄ってきました。

今回は、期間限定の『山形味噌らーめん』をチョイス。味噌漬け炙りチャーシューを2枚トッピングして堪能しました。丸こんにゃくが2つ載っているのがトッピング上の特徴で、味噌は麹が多いやや辛めの味でした。麹が食感も発揮しているのですが、スープは滑らかで、中太のちじれ麵にもうまく絡んでいました。チャーシューは相変わらずの香ばしさとほっろほろさで、ずっしりとした重量感。うましうまし。

何気に定番の3種(北海道・信州・九州麦)以外のものがあると手を出してしまうのですが、何だか少し、定番の味も懐かしくなってきているところです。次に近くを通ったなら、敢えての定番に戻ってみようかしら。ただ、公式サイトを覗いてみると、他に2種(伊勢・江戸前)の味噌が定番に名を連ねている・・・・・・。試さないと、ですね♪

 

 

****************************************

蔵出し味噌 麺場 田所商店 公式サイト

https://misoya.net/

星乃珈琲店 = 2019.04.20

先週4月20日(土)のこと。

夜勤を終えて『カモメ亭』へ行き、その後なのですが、初めて『星乃珈琲店』浜松有玉店へと行ってきました♪

うんうんうんうんうん。ちょっと気になってたんです。それこそ、浜松に来てすぐの頃に、「ここはおいしいよ」って、浜松遠鉄店の付近で聞かされた気がするので、いつかはと思っていました。念願ではないけれども、そんな気が少しした、初訪問。ひょんなことで長居をしてしまい、結果として2杯飲んだのですが、違うブレンドを試すこともできて満足でした。

最初の1杯は、3種のブレンドから『彦星ブレンド』をチョイス。バロメーターを見ると、焙煎度合いが高く、苦みが強め。酸味よりも苦みのあるコーヒーが好みなので、これをまず選びました。飲んでみると、思っていた以上に苦みが強い(笑)まぁ、疲労感がピークに達していたのもあって、普段よりも苦みを強く感じた部分はあったと思いますが、ややパンチが強かった印象です。

2杯目は、敢えて『星乃ブレンド』をチョイス。こちらは甘味の強いバロメーターで、店のメイン・ブレンドとのことです。うんうん、この甘味、浸みる。やっぱりねぇ、疲れているときには甘味が必要ですね。飲みやすいし、甘過ぎるわけではない。酸味と苦みもバランス良く感じられて、うまくまとまっている印象でした。

う~ん、ちょっと特別感も感じつつしっかりとコーヒーを感じてきたのですが、生活圏内ではないのがねぇ。文字通り足を運ぶ感じになるので、なかなか体験しないんだろうなぁと思いつつ、店員さんも対応が丁寧で、居心地が良かったです♪

 

 

****************************************

星野珈琲店 公式サイト

http://www.hoshinocoffee.com/

カモメ亭 = 2019.04.20

先週4月20日(土)のこと。

同時間に夜勤を終えた同僚とともに『麵屋 カモメ亭』へ行ってきました♪

浜松市の浜北区内野にあるラーメン屋さんで、今回はまた短いスパンでの再訪問。土曜日ということもあって、大変な賑わいようでしたが、それも驚異的なコスト・パフォーマンスの結果ですよね。特に”朝ラーメン”はワンコインで約10種のラーメンから選ぶことができて、しかも、ライス・玉子・海苔がまさかの無料バイキングということで、凄まじい人気が窺われます。

今回注文したのは、『辛味噌ラーメン』。おっと、表面が赤い・・・・・・(笑)トッピングがこれまでのものと同じく、鶏・豚2種のチャーシューと青ネギ、粗みじんにした玉ねぎとなっていて、それが少し辛味を和らげています。ただ、旨味は十分に感じられて、ピリ辛のおいしいラーメンといった印象。今回は初めて土曜日の朝に訪れたこともあって混み合っていましたが、平日の朝にはコスト・パフォーマンスを軸に快適さまで感じるんですよね。と~っても、お得な店♪

なの蔵 = 2019.04.18

先日4月18日(木)のことですが、職場の同僚数人とともに『nanokura なの蔵』へと行ってきました♪

少し前に行ったばかりなのに、とは思いつつ、そのときの印象が良かったこともあってこそのリピートをチョイス。そして、今回はコースを注文してみました。『選べる!天然真鯛のしゃぶしゃぶ or 竜神豚のほうじ茶蒸しコース』です。このお店の定番コースとのことで、メインが選べるのですが、今回は『天然真鯛と春野菜の一番出汁のしゃぶしゃぶ』を選んでみました。

前菜からスタートして、メインを経て〆まで、十二分に堪能してきました。飲み放題付きのプランでもあったので、しっかりと飲み食いした感じ。魚介がメインだったこともあって、胃に重たくないのが最もうれしい部分で、じっくりゆっくりと味わってきました。ちなみに、コースの内容は次の通り・・・・・・。

 

  • 前菜4種盛り合わせ
  • 刺身5種盛り合わせ
  • なの蔵の海鮮サラダ 無添加パパイヤドレッシング
  • 天然真鯛と春野菜の一番出汁のしゃぶしゃぶ
  • 桜エビと浜名湖生青のりのピザ
  • 竜神豚の西京漬け焼き串
  • 天然白身魚の唐揚げ ~あさり出汁の野菜あんかけ~
  • 〆 うどん
  • 季節のシャーベット

 

おいしい、おいしい。天然地魚にこだわりを持っているだけあって、その鮮度と旨みを様々な形で味合わうことができました。特に『天然真鯛と春野菜の一番出汁のしゃぶしゃぶ』は出汁まで真鯛を使用していて、それも一番だしに限っている。この1点だけでも贅を尽くされている気がしますよね♪

浜名湖の夕日 = 2019.04.16

何とまぁ、半年以上も夕日について語っていなかったとは・・・・・・。

先週4月16日(火)のことですが、急遽父親を介護支援をしてくれることになっているクリニックに連れて行くことになり、その帰りが17時過ぎになりました。いい感じで陽が傾いていたので、せっかくだからと浜名湖のほとりを経由し、夕日を眺めてきました。思いのほかスムーズにあっさりと沈んでしまったので、やや物足りない気もしましたが、光のラインが見える空になっていて、実に絵画的でした。

こういう空も珍しいので、ちょっとズームを変えてパシャパシャしてきましたが、まぁ、どんな感じだったかは画像を見てもらうこととして、最初の4枚を撮影しているうちにサラッと沈んでしまったんですよね。この時期って、そんなものなのかしら??う~ん。じらされるのも嫌だけれど、あっさり過ぎるのも嫌よね(笑)

そして、張り合いをなくして弱ってきている父親をどうにかして奮い立たせる方法を探さないと!!とりあえず、カヤック、乗ろうかねぇ♪