Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

Foods & Drinks

御前崎グルメ⑭ = 夢咲牛ローストビーフとハンバーグ

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第14回は、『夢咲牛ローストビーフとハンバーグ』。

訪れたのは、御前崎市池新田にある『欧風居酒屋 GOZEN』です。別に『欧風料理屋 GOZEN』との標示もあるので、どちらが正式なのかは判りかねますが、『イオンタウン浜岡』の北側に位置しています。他の店舗と同棟となっているのですが、店内に入ると意外に広いんですね。そして、木目調の内装が暖かい。床に置かれたクッションに座って落ち着く、不思議な空間。

今回は、ランチ・メニューから、『自家製ハンバーグ』単体のメニューを尻目に、選びました。メインの『夢咲牛ローストビーフ』に『自家製ハンバーグ』と『自家製キッシュ』、ライスとスープがセットになっています。ローストビーフは少し厚めにスライスされていて満足度が高く、ハンバーグも肉汁ジュワッと溢れ出すし、キッシュは野菜たっぷりでふんわり食感。『玉ねぎのクリームスープ』もやさしい味わいで、終始頬が緩みっ放しのランチになりました。

うんうんうんうん、あ~ぁ、おいしいわぁ♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

パステル = 2020.01.16

先日1月16日(木)のこと。ランチのために『レストラン パステル』へと行ってきました♪

『くれたけイン御前崎』とは国道150線を挟んで反対側に『イオンタウン浜岡』があるのですが、その中にこの店はあります。営業時間は11時00分~20時30分で、この日は前回までと変えて、17時00分を少し回った時間での入店でした。

今回は、『和牛ハンバーグ』をチョイス。ソースはオニオン・ソースにして、半生に焼き上げられたハンバーグを堪能してきました。付け合わせは、コーン・人参・フライドポテト・ゆで卵。

シンプルですよ、シンプル。だからこそ素材の味わいがダイレクトに感じられる。うん、この和牛、なかなかいい。オニオン・ソースもいい塩梅で、パクパクパクパク食べ進めました。そして、今回は昼食と夕食を兼ねていたので、ちょっと豪勢に・・・・・・。『フルーツパフェ』も注文してみました(笑)

緑色のソースはメロン味。そうです、メロンの特産地でもある静岡県中西部ならでは、です。上に乗っているフルーツもそれぞれ新鮮でみずみずしく、食感すら豊かでおいしい。う~ん、久々に食べるパフェ、おいしいですねぇ♪

志道 = 2020.01.14

先日1月14日(火)に、浜松市中区は木戸町にある『和風バル 志道』へと行ってきました♪

ここは、今住んでいる場所からは徒歩で3分程度の距離にある、とっても居心地のいいお店。気取らずに”くずし和食”を愉しむバルです。

この日はOFFで、出向先の御前崎ではなく浜松に滞在。まぁ、一旦御前崎から富士を経由して浜松へと戻ったので、なかなかタイトなスケジュールの中でしたが、19時30分頃から、久々の酒宴をゆったりのんびりと愉しんできました。うん、意外に眠気にも負けず、ほっこりとしつつ、です。

さて、今回注文したのは、順番に『甘エビの刺身』・『ぶりの照り焼き』・『自家製カラスミ』の3品。〆は今回『天丼』にしました。振り返ってみたら、ほぼオール海鮮というライン・ナップ。しっかりと味わってきました。

特に『ぶりの照り焼き』が絶品で、ほろりと身がほどけるレベルの焼き加減に甘めのタレ。黙々と箸を進めてしまいます。『自家製カラスミ』も塩気が効いていて日本酒に合う。いやいや、今回は全て日本酒と相乗効果を発揮するメニューで嬉しい限りでした。

次のOFFがちょうど1週間後だという話になったら「また来週ね」と展開してしまったのですが、はてさて、どうなることでしょう♪

****************************************

和風バル 志道 -shidou- 公式サイト

https://wafu-bar-shidou.com

スタバ = 2020.01.14

先日1月14日(火)のこと。

御前崎から富士市へ、そしてそこから浜松へという道中、『Starbucks Coffee』富士川サービスエリア(下り線)店に寄ってきました♪

時間的に、ちょうど空が紅くなってくる頃じゃないかと思って、もしも富士山も紅く染まったら、と期待を込めて少し時間を潰すのが、目的でした。そんなこんなで、チラチラと富士山の方を見たり、カウンタ上に置かれた富士山の写真なんかを眺めていたら、店員さんが「今日も富士山がきれいに見えますので、ゆっくりしていってくださいね」って。本当に、スタバの店員さんの気付き力って、素晴らしいですよね。

さて、今回の注文は『カフェミスト』。スチームされたミルクとフォームミルクが乗った1杯で、なかなかホッとできるビバレッジでした。ふと思えば、実に1年近く間の空いたスタバ・タイム。ゆったりのんびりと、ふいに出向先のスタッフに出くわすというハプニングも起きながら、過ごしてきました。

残念ながら富士山は赤く染まりませんでしたが、ここからの富士山も、結構絵になりますよね♪

****************************************

Starbucks Coffee 公式サイト

http://www.starbucks.co.jp/

御前崎グルメ⑬ = 小稚サービスランチ

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第13回は、『小稚サービスランチ』。

訪れたのは、御前崎市池新田にある『中華料理 小稚(シャオツゥ)』です。御前崎の中華飯店と言えば、必ず名前が挙がる程に地域に知られている店。その理由はとってもリーズナブルな価格だろうと思いますが、なかなか味も本格的です。

今回は、ランチ・メニューの人気No.1、『サービスランチ』をチョイス。3種用意されているのですが、その中から『牛肉の唐辛子入り炒め』を選びました。そこに、選べる点心の『春巻』とごはんと『たまごスープ』、『搾菜』と『杏仁豆腐』がセットになっているのが、この『サービスランチ』。十分なボリュームですよね。『たまごスープ』が”たまご餡”のレベルになってしまっていたものの、『牛肉の唐辛子入り炒め』はピリリとして箸の進むおいしさ。

うん、お腹も一杯になるし、コスパがいいですねぇ♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

甘藍屋 = 2020.01.11

先日1月11日(土)のこと。この日は、御前崎での勤務の合間に『すごい!マーチング祭 2019 in 浜松』のために『浜松アリーナ』へと来ていたのですが、時間的な余裕が少なく、終了後にサクッと準備して移動しなくてはなりませんでした。

そこで、『浜松アリーナ』から程近く、かつ家と同じ方角にある『らーめん ぎょうざ 甘藍屋』へ・・・・・・。

今回、記憶から離れない『こってり豚そば』のクリーミーさを差し置いて、敢えての『あっさり豚そば』をチョイスしてみました。スープが、透き通ってます!!

スープを1口すすってみると、ほうほう、旨みを感じさせつつ、確かにあっさりとしている。うんうん。見た目はチャーシューが強く見えるのに、スープが押されていない。もちろん、とろ~りほろっほろの自家製豚チャーシューはしっかりとおいしいし、もっちり小麦の風味の強い中太平打麺も存在明確。ただ、スープがしっかりと支えている感じ。う~ん、おいしい!!

そういえば、今回は『月替わりセット』にしてみました。そして、この日の『月替わりメニュー』は『麻婆豆腐』。ラーメンをあっさりにしたこともあって、この『麻婆豆腐』のパンチがしっかりと効いてくる。鉄板での提供なので最後までアツアツだし、ピリリと刺激もあっておいしかったです。これでご飯、5杯くらいいけそう(笑)

うん、今回もまた、しっかりと満足感が高い♪

****************************************

らーめん ぎょうざ 甘藍屋 公式サイト

https://www.at-ml.jp/66771/

御前崎グルメ⑫ = ネギらーめん

せっかく御前崎に出向しているのだから、御前崎グルメを楽しもうじゃないか。そう思って、『1人御前崎グルメを堪能する会』を発足。勤務終わりに立ち寄って、ランチをしてこようと計画を立てました。

飲食店のほとんどが11時00分~11時30分に開店する地域なので、それまで時間を潰しつつ、無理のない範囲で立ち寄ってこれるランチをやっている店、というのが縛り。御前崎は電力・水産・観光を産業の柱に据える都市ですが、食材の宝庫でもあります。いくつか、市として推しているものがあるので、それを中心に巡ります。

第12回は、『ネギらーめん』。

訪れたのは、御前崎市池新田にある『麺の房 味わい亭』です。前回、”静岡県西部地区の豚骨部門で”と紹介したのですが、その後実際にラーメン本を目にするチャンスがあったので開いてみたら、”静岡県全体の豚骨部門で”人気1位を獲得しているようです。

今回は、看板メニューの『ネギらーめん』をチョイス。豚骨スープにマー油が振りかけられていて、これがコクを引き出しています。ただ、前回も感じたように、豚骨特有の香りやクセが、あまり感じられない。もちろん、前回のように魚介スープとのWスープ仕立てではないので、豚骨感は明確なのですが、強くないんです。つまりは、非常に食べやすい。たっぷりとトッピングされたもやしとネギのおかげでもあると思うのですが、ともに食感としてのアクセントにもなっているし、バランス的には絶妙。

う~ん、これはいい1杯ですよ♪

****************************************

御前崎市 公式サイト

https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/

堀蔵 = 2020.01.09

先日1月9日(木)のことですが、『手しごと居酒屋 桜花 堀蔵』へと行ってきました。

こちらは、『くれたけイン・セントラル浜松』とコラボをしていただいている3店舗のうちの1店。徒歩で5分の距離です。外観もおしゃれで、かつ店内もデザイナーが入っているだけあってコンセプトやスタンスが明確。そして、全室個室かつ全室堀席。ちなみに、コラボ・クーポンの特典は、ハイボール全種類がどれだけ飲んでも全て半額になるというものです。

と、今回はクーポンを使うのではなく、コース・メニューでの注文。『逸品の鶏もも肉焼き付き宴会コース』を堪能してきました。このコースが、かなりリーズナブルで、それでいてなかなかおいしくて、十分に満足。趣旨として魚をメインに据える会のはずが、諸々鑑みて肉メインになってしまってはいたのですが、まぁまぁそれも良し。バランス的には、さほど魚が肉に引けを取っていたわけでもないので、大丈夫だったような気がします。

ちなみに、メニューは以下の通りでした♪

  • 前菜:朝〆鮮魚の手毬寿司・法蓮草のお浸し・タコの梅マリネ
  • 彩菜:水菜としらすのサラダ 和風のドレッシング
  • 揚菜:漬込み若鶏のから揚げ・北海道産男爵芋のざく切りポテトフライ
  • 温菜:出汁巻玉子みぞれ餡掛け
  • 主菜:鶏もも肉の柚子胡椒焼き
  • 飯菜:鮭ハラコ釜飯
  • 甘菜:雪見だいふく・マスカット

 

志道 = 2020.01.09

先日1月9日(木)は、OFFでした。ということで、諸々とやることがあったのでそれを行いつつ、浜松市中区は木戸町にある『和風バル 志道』へと行ってきました♪

ここは、今住んでいる場所からは徒歩で3分程度の距離にある、とっても居心地のいいお店。気取らずに”くずし和食”を愉しむバルです。

と、今回は冬メニューが登場していることを予測しての、ランチ。6日(月)からスタートしたばかりという冬メニューは、冷えた体を芯から温めてくれる『キムチチゲ鍋』です。ピリッと刺激があって、食欲もそそられますよね。

チゲ鍋をメインに、サラダ・梅干し入り冷製茶碗蒸し・小鉢・ご飯・漬け物・デザート・ドリンクがセットになっていて、とっても充実感があります。しかもチゲ鍋にはうどんも入っていて、ほっふほふの満足感。本当に身も心も温まるし、黙々と食べ進めてしまう。寒い季節には、たまりません!

近くへお越しの際には、是非是非、お試しを♪

****************************************

和風バル 志道 -shidou- 公式サイト

https://wafu-bar-shidou.com

はま寿司 = 2020.01.08

これを”御前崎グルメ”と呼ぶことはできないので、呼ばないのですが、面倒臭さと寿司を欲した気分とで、先日1月8日(水)の夜に『はま寿司』御前崎浜岡店へと行ってきました。久々だし、かつ初の1人回転寿司。意外にキョロキョロしてしまうものですねぇ(笑)

平日は1皿90円(税抜)なんですよね。税込みで99円。2貫で、ということなので、1貫あたりは約50円。3貫だと約150円。種類の違うネタが3貫乗った皿が、1皿150円(税抜)なので、こちらは税込みで1貫55円。こっちの方が高いけど、3種を頼んだら2貫づつ3皿必要で、結果食べる量とのバランスに悩まされ・・・・・・というようになったかどうかは置いておいて、1人で際限なく食べてしまう状態には陥らないようにしながら、昼食も抜いていたので、少しガッツリ目に食べてきました。

いろいろあると、何とか全てを制覇したくなる。でも、種類が多過ぎると制覇することを躊躇う。うん、最近の回転寿司は、躊躇ってばかりだ。しかしまぁ、あれだけネタのバリエーションを増やしていて、どこぞのタイミングでふるいに掛けられてたりするのかしら?レギュラー落ちするネタもあれば、期間限定・数量限定だったものがレギュラーに昇格することも、やっぱりあるのかしら??

「君はきっと、しばらくは安泰だよね」

そういうネタを中心に、腹八分までしっかりと堪能してきました。回転寿司とはいえ、店で食べる寿司は誰かの財布で支払・・・・・・いやいや、たまには自ら寿司に行くっていうのも、いいですね♪

****************************************

はま寿司 公式サイト

https://www.hamazushi.com/hamazushi/index.html