Marschieren

Marching Coordinator 'twikk' によりマーチングに関することを中心に構成をしています。あなたのマーチング・ライフにプラス・アルファの輝きを♪

Qualification & Study

I’ve been studying Italian! = 2015.06.18

テレビでイタリア語2015-4~6なかなか難しい言語なので進み具合もやっぱり芳しくないのですが、『テレビでイタリア語』も6月の真ん中まできました。不思議なことに、2週連続で同じ内容だったこともあって、毎週録画してあるものの重複しているものがあるという・・・・・・。で、録画したものをDVDにダビングして、夜勤の仮眠時間に観たりしています♪

実は4月から、NHKの『大人の基礎英語』と併せて録画していて、大学時代に第2外国語として受講していたからと『テレビでドイツ語』、職場でメキシコからの利用客が比較的多いからと『テレビでスペイン語』、とハード・ディスクの容量が確実に埋められていっています。まぁ、突然5ヶ国語を話せるようになるかと言えば無理だろうし、そこまでの分類は頭の中で同時進行ではできないので、ドイツ語とスペイン語は録画してあるのみです。『EURO24』として展開されている番組の中では、本当にわかりやすく馴染みやすいのが『テレビでイタリア語』で、僕自身はマーチングのドリル・デザインを担当している『MillenniuM Drum & Bugle Corps』がイタリアの団体なので、意思疎通のためにもと励んでいるところ。

週に1レッスンづつ進んでいくのですが、じっくりと取り組める時間が限られていて若干遅れ気味・・・・・・。既に6月分のテキストも入手しているものの、まだ5月分を勉強中です。

番組ではイタリアのリグーリア州(Liguria)の文化や観光の紹介もあって、単なる語学ではなくいろんな面を持っています。なかなかとっつきやすい内容、といった印象。焦らず、着実に進めていこうと思います♪

テレビでイタリア語、始めました♪

テレビでイタリア語2015-44月に入って1週間が過ぎましたが、この間にスタートさせたことのひとつが『テレビでイタリア語』。「何故にイタリア語?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、それは2013年より『MillenniuM Drum & Bugle Corps』との関係が生まれているから。その中で、可能な限りは現地の言葉で話せた方がコミュニケーションが密になると思ったからです。

で、この『テレビでイタリア語』は、4月から9月の間に毎週1課づつ放送されて、シチュエーション毎の表現の紹介があったり、イタリアの文化や地方の紹介があったりします。加えて、この番組は初心者に向けた内容になっているので、会話スピードも聞き取りやすい感じです。

まだ1回目の放送が終わったばかりですが、たった25分の番組ながらいろいろと見応えがあって、楽しめる番組でした。普段はこれまで通り『初めてのイタリア語』を使用しながら、この『テレビでイタリア語』で補充したり表現を吸収していこうと思います♪

今回覚えた表現は、「Sono commoso!(感動した!)」です(笑)

改めて最初から・・・・・・。

イタリア語20150314いささか間が空き過ぎてしまって、ほとんどを忘れてしまっているので、改めて最初から始めることにしました。

 

イタリア語の勉強♪

 

で、何気に高校時代以来、英語の4線紙を買ってきて、ぶつぶつとつぶやきながら反復していました。これで夜勤中の仮眠時間の大半が消化されてしまったのですが、最初なので基礎編を丸々一気に進めてみました。

そうそう、家庭教師をしていた頃に教え子たちに話したことがあるのですが、単語というのは、中学校の頃などは宿題で延々と書かされたりするものですが、何気なく書き綴るだけでは覚えることなどできません。綴りを追いかけながらも意味や発音を頭の中や声に出して連発すると、たったそれだけのことで意外に頭に入ってくるものだったりするんですよね。難しいことや無駄に回数を重ねるのではなく、丁寧に回数を重ねること。考えることなく繰り返すのではなくて意識を持って繰り返すこと。そういうのが、上達のコツ。何事もそうなんですけどね♪

やっぱり難しい・・・・・・。

イタリア語20141220Buona sera!!

日本とイタリアは8時間の時差があって日本の方が早いので、まだ現地は午後2時半頃。敢えての挨拶でした♪

さて、少し間が空いたのですが、昨日の夜勤中の仮眠時間に、イタリア語の勉強をしました。今回は、前回の荷物を預かる話のところで、冠詞について途中だったので、その残りの部分でした。そして、そのまま練習問題に入ったのですが・・・・・・。

う~ん、やっぱり難しい!!何がって、名詞に性別があるという感覚になかなか慣れないんですね。そして、その名詞の性別や単数化複数化によって動詞の語尾や冠詞の種類が変わってくるというのは、なかなかに馴染みが無さ過ぎて大変です。練習問題も半ば感で答えている状態で、何とも不甲斐無い(笑)まぁ、それでも、語学というのは理屈ではなく習慣として習得していくものでもあるので、ほとんど気にはしていません!理屈を学びつつも語彙を感覚として身に付けていこうと思っているので、ぼちぼちと進めていこうと思います♪

Ciao!!

久々のイタリア語。

イタリア語20141204Buon……Buona sera!? Buon giorno!? 日本は今、朝の6:30くらいです。このくらいの時間は、どう挨拶するんですかね??

少し間が空いてしまいましたが、一昨日4日(木)の夜勤の仮眠時間に、イタリア語の勉強を進めました。今回は、荷物を預かる話。そして、文法は冠詞についてでした。英語で言うところの”a”や”an”、”the”についてなので、それほど覚えることはないのですが、名詞が複数でも冠詞が付くし、男性名詞と女性名詞で冠詞が変わってくるというのが、なかなか厄介なところ・・・・・・。

そして、やっぱり思ってしまうのが、こういったパターン的な部分をしっかりと習得して応用を利かせられる状態にありたいいうこと。何だかんだと聞き流すタイプの語学教材が広くブームになっていますが、表現を単純に覚えるだけではなく、それがどういった原因でどう変化するのかを把握してこそ、ちゃんと身に付いたことになると思うんですよね。そこができないと、単に表現をしていいるだけで話せることにはならないですから。

まぁ、そうは言ってもあせらずにのんびりぼちぼちと・・・・・・♪

Ciao!!

そして、入国時の話

イタリア語20141107Buona sera!! あ、日本は今、21:30くらいです。

昨日7日(水)の夜勤の仮眠時間のイタリア語の勉強は、入国時の会話についてでした。特段旅行の予定もないのですが、昨今は外国語を学ぶと言えば旅行かのような印象も強いだろうし、この展開はなかなかな感じがします。

そして、結構英語と近い綴りの単語があって、ググッと近く感じた時間でもありました。

日・週・月といった時間に関する語彙も出てきたり、身近なところでもちゃんと使い勝手のある表現が多くありました。ただ、難しいのは名詞の中に男性名詞と女性名詞があるところ。ヨーロッパの言語の特徴でもあるのですが、名詞に性別があって、それによって動詞の形が変化するという・・・・・・。大学時代にドイツ語を受講していたときにも感じたのですが、こういう動詞の変化って、きっと外国人が日本語を学ぶときにもそうだろうとは思うのですが、結構厄介な部分ですよね?

そもそも言語に性別があるという感覚はあまり馴染みのないところなので、ちょっと難儀です。単純に表現として覚え込んでしまえばいいとも思うものの、それでは応用が利かずに情報の量が必要以上に膨らむだけなので、時間をかけてでもパターンを把握して慣れたいところですね。

まぁ、ぼちぼちと・・・・・・♪

Ciao!!

会話文に突入。

イタリア語201411055日(水)の夜勤の仮眠時間から、イタリア語の勉強も会話文に入りました。

まぁ、会話文とはいっても、難しいものではなくて日常会話程度のもの。その簡単な表現から語彙や文法の勉強を紐解いていくというパターンです。

「こういうパターンが言語の勉強には適している」という声を上げる人が最近は多いのですが、僕はどちらかというと最低限の文法は先に学びたい人間です。というのも、文型すらわからないままで表現を学んでも、何がカットされているかもわからないんですよね・・・・・・。そこが結構重大な気がするのですが、まぁ、この本はそうなっているのでそこに対応していこうと思います。

と、今回は挨拶。「こんにちは」とか「こんばんは」とか、「やぁ!」といった表現です。英語の教科書なんかでも最初はこういった感じの表現からスタートでしたよね。何気に馴染みが感じられて、ちょっと覚える程度が高かった気がします♪

まぁ、もっとちゃんと進めないと、まだまだなんですけどね(笑)

Ciao!!

今日は数字。

イタリア語20141017昨日からの夜勤の仮眠中に、少しだけイタリア語の勉強をしました。

今回は、数字♪

この数字に関しては、いささか英語より規則性が薄い・・・・・・。

英語の場合って、1~13と20・30・40・50・60・70・80・90・100・1000・10000となっていくのですが、イタリア語の場合は違います。1~20と30・40・50・60・70・80・90・100・1000・2000・3000・10000と覚える必要があるんですね。まぁ、ちょっと多い、程度のことだし、何気に聞き覚えのあるものも多かったりします。

“uno”とか(笑)

と、今回は軽めにしたのですが、次回からは会話編に入るということで、いろんな単語と表現を覚えていこうと思います。地道にゆっくりと、のんびりのほほんと、そしてちょくちょく使いながら♪

なかなか進まないけれどもちょっと進む

イタリア語20141015今月からシャキッと進めていこうと志を高く持ってはいるのですが、さすがに夜勤中の仮眠時間だけではなかなか進みません・・・・・・。しかも、その夜勤の仮眠中も毎回使えるわけでもなければ全部の時間を使えるわけでもないので、本当に地道に進んでいる感じ。

と、僕はもうちょっと英語にだいぶ近いのかなと思っていたのですが、結構イタリア語独特の発音(もちろんアルファベットの表記に対しての読みという意味でですが)があって、まず最初の単元がそこだということが意外にありがたく思えています。と、英語との共通点と相違点を感じながら、結局はおそらく語彙が課題ということになりそうな予感・・・・・・。

僕は何だかんだ言って、英検も持っていないし、そもそも文法的なことは比較的把握しているけれども語彙が凄まじく乏しいという、実に日本人らしいタイプです。言語というのは生もので、表現は時代によって変化をしていくものなので、当然ながら流行があったり頻度に差があったりします。だからこそ、形式に囚われるのではなく、より多くの単語や表現に触れていこうと思うのですが、如何せんどういった構文が基本化が分からないとそういったところにはみ出していけないんですよね。

まぁ、よちよち歩きを始めたばかりといった感じです♪

えっ、本当に!!??

はじめてのイタリア語いや、本当に、です(笑)

せっかく海外に拠点を置くバンドのドリル・デザインを担当している、せっかくホテルという海外からの客に接する機会のある職場で働いている。ならばなぜ、使える言語の幅を広げようとしないのか。

って、何気に日本語で通じるし、ここは日本だし、僕らは海外に行くときに少しでも現地の言葉ができるように準備していくんだからそっちもそうして来なさいよ、etc……いろいろと言い訳をしようとすればできてしまうのが現状です(笑)

それに、別にバイリンガルがかっこいいとも思わないし、トライリンガルが天空の遥か上の人だとも思いません。必要があるかないか、それだけで習得する必然性があるかないかが決まるだけで、憧れも目標もそこには置いていないのが僕です。で、現状は、少なくとも英語力を充実させたいわけで、加えて簡単な会話くらいイタリア語でできないことには意思疎通の面で深まっていかないと感じているところ・・・・・・。

ということで、9月にも入ったし、ぼちぼち先方の母国語でメッセージを送れる程度には今年度中に持っていきたいなと、ふと思い立って買ってきました。『はじめてのイタリア語』。本屋で8冊くらいを30分程度かけて比較して、この1冊を選んできました。僕にとってはそこそこの値段なので、プレッシャーをかけながら地道に習得していこうと思います♪

 

あ、ちなみに、挨拶だけでよければ、僕は日本語・英語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語・韓国語・中国語・タイ語でできます。挨拶“だけ”ですけどね(笑)